日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

家主のご来店

僕の家主がご家族を引き連れ、僕のバイト先を視察に来た。

視察というのは、冗談で、ただ単に家族でご飯を食べに来ただけでした。

知り合いがバイト先に来るというのは、オーストラリアに来てから初めてである。

でも、家主そこまで顔見知りかと言われたら、そうではなく、集金に来る際に顔をあわせるくらいである。

だから、結構気まずかったりする。

しかも、働いて1週間しか経っていないですし。

僕という人間がどんな人間かよくわかっていないので、どう振る舞っていいかわからない。

だから、まるで授業参観に親が来ているような心境になってしまった。

僕の一挙手一投足を見られているような感じがして、気が気でならなかった。

そして、粗相があったら、次に会ったときに文句を言われることは間違いなしである。

そんな細心の注意を払わないといけない状況で、さすがの僕、やらかすのである。

ドリンクオーダーを取る際に、日本語でやり取りをしたのだが(家主は日本人、旦那はオーストラリア人)、その際に家主が「テーブルウォーター」と言ったのがよく聞き取れなかった。

てっきり、「テーブルオーダー」をするもんかと、その体でやり取りをすると、少しキレ気味に「テーブルウォーター」と言ってきたので、事の一部始終を把握したわけである。

結論、やらかした。

ネタにされること間違いなしである。

まさかの日本人のオーダーを聞き間違えるというヤツである。

ネタにされるというか、少し恥ずかしくなった。

せめて、「お水をください。」とオール日本語で言って欲しかった。

ただ、お茶を持って行く際に、「熱いので、気をつけて下さい。」と日本語で言ったところ、対応が丁寧だったのか、家族にそのことを話していた。

まぁ、プラスポイントですよね、数少ない。

そして、満足げに家族5人分にふさわしい皿の数を積み重ねご帰宅された。

さて、次会った時、どういうことを言われるか楽しみである。