日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

2ヶ月ぶり

約2ヶ月ぶりにオーダーを取った。

というか、ようやくって感じである。

というか、今まで2ヶ月間何をしてきたんだという話である。

まぁ、ドリンクのオーダーと後片付けにほとんどの時間を費やしていたかな。

あと、しょうもない中国人に騙されたりとか。

というか、シドニーで働いていた寿司屋では初日からオーダーを取っていましたがね。

どうして、ここまで時間がかかってしまったのか。

マニュアルに沿って説明をされたと言えば、簡単極まりないが、そのマニュアルが大そうなものでありまして。

寿司ひとつひとつのオーダーの書き方から、注意事項、わさびのあるなし、照り焼きソースのかけるかけない、間違えやすいメニュー、アレルギーの確認と言ったそういったことを緻密に教えてもらうとなると、どうしても9日間くらいかかるんでしょうね。

そう、今日で僕のバイトは9日目を迎えました。

そして、来週のシフト表を確認すると、無事に僕の名前が書かれていました。

突然の足切りという最悪の事態はなさそうです。

というか、自分で言うのもあれだが、結構信頼を勝ち取りつつあるような気がしなくはない。

まぁ、そんな信頼も電話オーダーとかしだしたら、崩れ出しそうで怖いのだが。

電話オーダーは未だにトラウマである。

というか、前のシドニーで働いていた時のジャパレスの電話の電波が悪すぎて、聞き取りにくかったというのもあって、電話に関しては、実力は未知数である。

だって、電話番号を聞き取るのですら、途切れ途切れになるので、マジでシャレにならなかったと思う。

逆に、よくシドニーを出るまで、辞めなかったなと我ながら思う。

給料も悪いし、最賃以下だし。

僕の人が良すぎるんでしょうね。

いやいや。

本当に人が良すぎるのは違法労働に甘んじて働き続けている人たちでしょう。

でも、賃金が安いからこそ、カジノにハマる人が多いんじゃないかと思ったりもする。

アデレードに来てから、カジノで勝った、負けたの話なんて聞いたことがない。

トロントでもほとんど聞いたことがない。

シドニーという日本人が働くにあたって、最賃であるのが当たり前という環境が、人々をギャンブルへと走らせているのだろう。

改めて書いてみると、とんでもない街だな。

何が、世界の住みやすいランキング5位だよ。

ちゃんちゃら可笑しいわ。

7位のトロントより上って、冗談は顔だけにして欲しいわ。

(ちなみに、Adelaideは10位にランクインしている。)

と、そんなわけで、久しぶりにオーダーを取って、ホールスタッフの仕事をしているなぁと妙に感動してしまった。

感慨深くもなってくる。

だって、2ヶ月ですよ。

別にそこまでして注文を取りたいかって言われたら、取りたいですよ‼︎

だって、それがメインのお仕事ですもん。

メインのお仕事ができない2ヶ月間って、なんだったんだって話である。

さて、そんな感じでようやくオーダーを取る許可をもらえ、仕事に拍車をかけたいところではある。

でも、未だに研修中の身分なんだよなぁ。

研修が終わった段階で勤務時間は増えるのだろうか。

直近の悩みはそこである。

ちなみに、今、バイトの時間が増えない体で別のバイトを探している最中である。