日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

夏はまだ来ていなかった件

ここ最近、最高気温が25度近くなってきたので、ようやく夏が来たなと思いきや、実はそうではなかったことを今日知らされる。

きっかけは、お客さんとの会話。

いつものように、お客さんにナプキンとお手拭きを持って行ってあげると、ナプキンをもっとくれと言われた。

どうやら、お客さんは花粉症で苦しんでいるらしく、そのせいでナプキンをもっとくれとのことだったらしい。

というか、そういう会話8月の終わりに聞いたんですけど。

おいおい、どんだけ春が続くんだよ。

かれこれ2ヶ月くらい春が続いていることになる。

そんなことあるか⁉︎

春って、そんなに長く続くものなの?

春って、もっと儚いものではなかったっけ?

確かに、最近、また桜の花がちらほら咲いているような気がしなくはない。

てっきり夏が来たと思い、この程度の夏だったら日本より遥かに快適だわとタカをくくっていた僕はとんだ阿呆である。

話によれば、本当に40度を超える日があるらしい。

40度って…。

人間の体温を上回る気温。

銭湯とかでちょうどいいとか言っているような気温。

そんな高温下の中で今年の夏(日本で言えば、冬の時期)を越えねばならぬのか。

本当に試練だらけだぜ、オーストラリア。

一体、僕が何をしたっていうんだ。

僕は何も悪くない。

ただ、オーストラリアは時給が高いし、稼げるという甘い言葉に誘われて来ただけだ。

だから、何も悪くない。

(もちろん、それだけが理由なわけがない。)

約半年後に日本に帰る予定だが、それまで五体満足で帰れるかどうかいささか不安である。

 

そういえば、話は変わるんですが、渡邊雄太選手、NBAデビュー果たしましたね。


Yuta Watanabe scores FIRST POINTS in the NBA | FULL CLIP - 10/27/18

今年中にはデビューする機会があるんじゃないかと思ってはいたのですが、まさか、ここまで早くとは思いもしなかった。

日本バスケの歴史が動いた日とも言えそう。

田臥選手がNBAデビューを果たしたのが14年前。

それから14年間、NBAに到達した日本人選手はゼロである。

その間、日本のバスケの歴史が止まっていたと言っても過言ではない。

それが、である。

今日、とうとう止まっていた時間が動き出したような。

そんな瞬間が訪れたのである。

プレー時間としては、4分間だけなのだが、それが大きな一歩になると信じたい。

この調子だと、今後も試合に出る機会は出てきそうな感じがする。

頑張って欲しいです。