日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

白人とデート

人生で初めて白人とデートをした。

きっかけは話題のTinder。

Tinder経由で女の子とデートをするのはかれこれ4回目くらいかと思う。

というか、それくらいアジア人男性って海外では人気がないんだなと思ってしまう。

実際、Tinderでマッチしてから、そこからSnapchatっていうSNSでやり取りが移行。

そこから毎日のようにメッセージのやり取りをした。

ただ、その毎日のやり取りが正直しんどかった。

ただでさえ、こういうSNSのやり取りは無理なのに、それを毎日なんて…。

性に合わないことをしているなと思いつつもそれを惰性で続けていた自分がいた。

恋をしているのかどうかもわかっていない。

正しく流れるままにやり取りをした。

面倒臭いと内心思いながらも。

それで、今日、会うことにした。

昼ごはんを一緒に食べて、それで終わりっていう形のデート。

僕が晩にバイトのシフトが入っていたので、その都合上である。

SNSのやり取りから、「I'm not skinny」ということは強調して言っていたが、日本人が思うぽっちゃりとは次元が違った。

「Not skinny=ぽっちゃり」 という図式はオーストラリアでは成り立たない。

オーストラリアでは「Not skinny=デブ」と考えて間違いないだろう。

実際に会った彼女は渡◯直美ばりの巨漢だった。

ファンの方がいたら気を悪くしたら申し訳ないです。

それでも、半年以上かけて50キロも痩せたというから驚きである。

まぁ、そんな彼女と2時間以上カフェでご飯を食べながらくっちゃべったわけである。

どういう話をしたかはここでは割愛させて頂くが、英語が出来ない故に途中で話題がなくなってしまったことは想像に難くないだろう。

それでも、彼女は終始笑顔でどこか幸せそうだった。

彼女は僕と一緒にいるだけで幸せだったのかもしれない。

そんな彼女を見て、少し重苦しく感じる僕がいた。

そんな彼女の笑顔を見て、つくり笑いをしている自分がいたのにも気づいた。

体型こそ渡◯直美みたいだが、顔はけっこう可愛らしかったと思う。

彼女は今もダイエット中らしいので、これからどんどん綺麗になっていくんだなぁって正直に思った。

お世辞とかではなく。

ただ、それでも彼女と付き合えるかと言われたら、無理だと思ってしまった。

外見がどうのこうのではなく、単純に趣味が合わないということと、これからもこういうSNSのやり取りが続くとなると確実に辟易としてしまうからである。

要は、セフレだったらいいが、付き合うには無理、そんな感じである。

はっきりセフレと言っているあたりかなりゲスだが、そういう風に思ってしまった。

ちなみに、帰り際手を繋いだし、キスまでした。

それでも、お互い付き合おうという話にならなかったのは、薄々あっち側もそういうことを感じていたのかもしれない。

それでも、手をつなぐことを了承し、キスまで至ったのは理解し難い点ではあるが。

今後、どうなるかわからないが、とりあえず彼女からメッセージが来るか様子見である。

来たら来たらで対応するし、来なかったら来なかったらでもういいかなと思ったりもする。

やっぱり毎晩SNSでやり取りをするのは体にこたえていたのかもしれない。

いずれにしろ、僕の人間関係についてはかなりドライなんだと改めて感じさせられた1日であった。

僕と付き合える人はいるのだろうか。

まして、結婚なんてもはや想像できない。

恋愛に関しては、迷子である。

むしろ、迷子でいることに居心地の良さを感じている自分さえいる。

f:id:A28_K:20181111221549j:plain

f:id:A28_K:20181111221551j:plain

カフェで食べたご飯。

あんまり喉に通らず、半分以上残してしまった。