日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

死活問題

今、僕は電話応対を教わって、実践している最中であるが、何としてもそれなりにできないといけない。

その訳は今後のシフトに関わってくるからである。

できるとできないとで働く時間に随分と差が出てくる。

そんな話である。

正に、給料と直結するような話である。

いや、直結する。

というか、昼間シフトに入れてもらえる前提で今の所、バイトを探していないのだが、これで、「コイツの電話応対はクソだわ。」みたいなレッテルを貼られると、この国を出るまで、床磨きの日々が続くのである。

それは、勘弁してほしい。

地下行き1000年を言い渡されるよりは遥かにマシだが、それでも、床のモップ磨きも毎日のようにしていると腰に来る。

日本に帰る頃には腰を壊して、ヨボヨボのジジイみたいな状態になっていたら笑えるに笑えない。

そうならないためにも、そして、店長の期待に応えるためにも、電話応対は避けて通れない道なのである。

というか、それさえできたら、英語での接客にかなりの自信を持てる。

いわゆる壁を越えたみたいな話である。

だからこそ、電話応対でもそれなりの信用は得たいのである。

生活のためにも、そして、自分の腰のためにも…。