日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

黒人

人種的なタイトルで炎上しそうな感じではある。

何かというと、黒人のノリってやっぱり好きだわ、っていうことである。

たまに、卑怯だなとか議論ばっかりしやがってとか思う時があるが、基本的には僕は、黒人のことが好きである。

そして、バスケをするにも黒人とするのが一番楽しかったりする。

相手が上手かったらそれに越したことがないが、例え上手くなくても一緒にプレーしているだけで気持ちがいい。

今まで色々な人種とバスケをしてきたが、一緒にやってて楽しい順に並べるとこんな感じである。

フィリピーノ>黒人>白人>>>◯国人

って感じである。

黒人が一番じゃないんかいと思うかもしれないが、フィリピーノのあのひたむきさプラスノリの良さには負けてしまうんじゃないかというのが個人的な見解。

黒人と白人はほぼほぼ同じくらいかな。

白人も一緒にプレーする分には卑怯ではないし、ノリが良かったりするから好きである。

◯国人に関しては、一緒にプレーしてて楽しい人もいれば、本当にノリがつまらないし、内輪で盛り上がりすぎとか思ってしまう人が多い気がする。

だから、◯国人とプレーしても、楽しくない時が多いし、自分自身ノレないことが多い気がする。

そう考えると、海外でバスケをするのはやっぱり楽しい。

そして、そういう黒人のノリが好きな僕としては、黒人が彼女だったら、結構楽しいんじゃないかということを期待してしまったりしている。

もし、このブログを見て、興味を持った黒人の方がいたら、連絡をいただきたいところである。

僕自身、ノリが良くないし、どちらかというと暗めのインドア派のような人間なので、そういう人間が黒人という性格とかの内面の面で真逆な人とお付き合いをしたらどんな感じなんだろう。

恐らく、楽しいんじゃないかと期待してしまう。

僕の中では、結婚というのは、某元監督の言葉を借りれば「まさか」に当たるのだが、その「まさか」が、黒人だったら、この人生という車窓は面白いものになるんじゃなかろうか。

ただ、海外生活1年7ヶ月なのだが、未だに黒人女性と長く話をしたことがない。

だからこその「まさか」である。