日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

結婚とか

僕は言わずもがなまだ独身彼女なしである。

そして、結婚については漠然としたいと考えているが、何か自分の中で変な矛盾を抱えている。

それは、結婚相手と結婚後の生活がまるで想像できないことである。

こんな僕でもそれなりの女の人と出会いはしてきたものの、この人と付き合って結婚するというイメージを描けた人は一人もいない。

自分の中ではイメージできないことを実現させることは到底不可能だと思っているので、それに当てはめてみると結婚という人生におけるゴールなのか墓場なのかわからないが、そこに至るまでの過程が茨の道だということは何となく意識している。

というか、逆に何故にそんなに早く結婚するのかと言いたいくらいである。

早くに結婚してきた人たちって結婚後の生活とか想像できたのだろうか。

僕の中では早くに結婚してきた人って、世間体に流されたパターンって結構あると思う。

それで、今後の人生を家族に捧げる覚悟があるのなら別にいいのだが、そうではない人も多いだろう。

そう、この「人生を家族に捧げる覚悟」。

そういうのが自分の中では全然確立できていないんですよね。

まぁ、そんな覚悟云々よりもその前に彼女を作ることが面倒臭い。

関係を繋ぎとめるために毎日SNSなんてできっこない。

例え、SEXという男にとってのご褒美が待っていると言っても、そこまで至る過程が割に合わないと思っている。

こんなヤツがいるから風俗産業は衰えを知らないんだと思う。

どうでもいいが、日本に帰ってきて、風俗に通うのが楽しみだったりしている。

 

なんだか、こんなことを仕事中に考えているってどうかと思う。

結婚のことはここで書いた通りだが、日本に帰ってからどうするかっていうのも色々考えたりしている。

こういう生活ってある種の人生のモラトリアムだと思うんですよね。

その間に今後の人生どう生きていくかという決めるにはいい機会だが、それを考え出したら、中々に複雑で、どうしたもんかね、と思ってしまう。

今後もこういう感情という思考を吐露する機会があるかと思いますが、ご了承ください。