日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

長話

トロントで知り合った日本人の女の子と2時間半くらい長話をした。

知り合ったキッカケはバイト先の同僚というありふれたキッカケである。

その子とはトロントにいた頃から結構仲良かったし、バイト終わってから駅の構内で長話することもしばしばあった。

そこまで仲良いのなら、付き合ってしまえば?っていう人がいるかもしれないが、そこまでの関係には至らない気がする。

なんというか、恋愛感情が持てないのである。

僕の好みの容姿ではないからである。

それは、その子が不細工とかそういう話ではなく、単に僕の好みの問題。

だから、一緒に長話をしても、僕のムスコが興奮することもなければ、パンツの中が濡れるということもないのである。

でも、友達としてはすごく居心地のいい関係だなと思う。

男と女との間に友情は存在しないとかいう話を聞くが、案外、存在するもんだなと思ったりもする。

そんな数少ない女友達とNBAのハイライトを観たり、DEATH NOTEの続きを観るのを犠牲にして話し込んでしまったわけである。

話をした内容は主にオーストラリアのワーホリについて。

その子は行くかどうか迷っていて、それで実際にワーホリをしている僕に相談をしたというわけである。

僕の結論は、「迷っているんであれば、行かない方がいい。」である。

このブログの過去のエントリーを読んだら、僕がそういうことをいうことくらいは賢明な読者様は察していただけると思う。

はっきり言って、違法賃金は当たり前だし、交通機関が不便だし、何かと不自由なことが多いこの国にワーホリに行くのをオススメする理由があまりないというか。

これが、もし、「私、カナダにワーホリに行くか迷っているんですけど。」的な質問であれば、全く真逆の答えになる。

「迷っているんであれば、行った方がいい。」である。

比較論からしても、断然、僕はトロント派である。

なぜなら、カナダに居た時はできれば長く居たいと思っていたが、オーストラリアに住んでからは、日本が恋しいという気持ちが勝っているからである。

むしろ、日本に帰るのを楽しみにしている自分がいたりする。

トロントに居た時はそんなことなかったのに…。

とか、そんなオーストラリアに行くか迷っている子羊にえぐりこむかのような真実を伝えた2時間半であった。

もちろん、それ以外のことも色々しゃべったが、メインはそれである。

まぁ、でもたまにこういう風に長話するのっていいですね。

女の子がよく喫茶店とかでだべったりするのを見かけるが、なんとなく意味がわかった気がする。

なんか自分の思っていることを誰かに喋るっていうのはすごくスッキリすることなのである。

だから、2時間半もべしゃりができたのだと思う。

日本に帰ったら、会いに行こうかなと思う。

何回も言うが、恋愛感情とかは一切なしである。

あくまで友達としてである。