日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ストレスと疲労

まいったね、どうも…。

一週間が過ぎるのがとても長く感じる。

学ぶことが多いというのもあるが、ストレスがたまる日々が続いているというのもある。

なんというか、色々注意されるわけですよ。

僕の不出来で不注意される分にはストレスがたまらない。

その中で理不尽に注意されると妙にイラっとするというか。

もうちょっと、「気を使えよ。」的な。

そして、ストレスが溜まってくるといよいよ頭が働かない。

英語を聞き取るシステムに支障が出てくる。

お客さんのオーダーはきちんと聞き取れるのだが、従業員との英語での会話が頭に入ってこない。

困ったもんだね、どうも…。

こればっかりはどうしようもないし、もしかしたら、ストレスが溜まると人間の言語の認識機能に障害をきたすとかそんな研究成果が出ているのかもしれない。

いずれにしろ、ストレスが溜まるとより一層英語が聞き取れないみたいである。

あと、週6日働いているとブログで言いましたが、全部クロージングなんですよね。

何が、嫌かって?

モップがけが嫌なんですよ。

床にこびりついた汚れを何回もこするのにどれだけの体力を浪費するか。

正直、モップがけだけ誰かに代わってもらいたいくらいである。

それくらい僕にとっては重労働である。

しかも、それが毎日続くとなると、ちょっと食傷気味になるというか…。

普通モップがけがしんどいことくらいわかるから、毎日、モップがけとかいう鬼畜じみたシフトを組まないように思うのだが。

かと言って、クロージングは週3日まででお願いしますとか言うと、極端に労働時間が減らされそうな気がするので、金のために文句を言わず働かざるを得ない。

日本でも最近になって、外国人の受け入れどうたらこうたらみたいな話が進んでいるが、やっぱり外国人労働者は基本的には弱い立場にあるもんだと思う。

まぁ、駐在とか現地企業に雇われてオフィス勤務しているとかならいいが、何の能力もない普通の外国人であれば、現地の人が嫌がるような仕事をせざるを得ないというか。

自分が外国人労働者の立場になって、ようやくどういう風に活用するかわかったというか。

皮肉な話だが。

とにかく毎日学ぶことが多い上に毎日のモップがけで心身共に朽ち果てそうになっているということは読者の皆様には知って欲しいところである。