日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

長期リリーフ

毎晩毎晩、かの大魔神のごとくクローザー(クロージングをする人)を務めてきたが、ここに来て局面が変わりつつある。

今日の勤務が12時からだったからである。

しかし、終わる時間はいつも通りである。

僕からすれば、ストッパーを連日連夜使い倒した上に、こいつは調子がいいから長期リリーフもさせてやろうという感じで使われている気分である。

気持ちがいい反面、体は正直なものでしんどい。

堂本剛の正直しんどい」ではないが、しんどい。

たまには、夕方の5時とか晩の8時くらいに颯爽と優雅に「お疲れ様です。」という労いの言葉をかけつつ帰宅したいものである。

かれこれ一ヶ月くらいクローザーを務め続けているのではないだろうか。

プロ野球のクローザーであれば、とっくに故障していてもおかしくない使い倒しっぷりである。

ちなみに、僕の場合は、12連投ありの中一日の6連勤ありとかなりハードに使い倒されている。

本当にモップがけだけでもいいから誰か代わって欲しい。

話は戻って、12時から勤務して、3時半から1時間半も休憩を頂いた後にクロージングまで働いた。

休憩1時間半は過去に経験したことがない長さである。

隣に小さいショッピングセンターがあるとはいえ、郊外のど田舎でどう時間を過ごせというのだろうか。

結局、英語で日記を書いて、そのまま仮眠した。

だって、それ以外することないんだもん。

昼間働いた感想としては、やっぱり忙しい。

さすが、オーストラリアで54店舗展開している中で売り上げが上位10傑に入るだけある。

人数が晩より少ないから余計に忙しかった。

でも、どちらが忙しいかと言われたら、晩の方が忙しいかなと思ったりする。

どっちもどっちと言えば、どっちもどっちだが。

ただ、時間が過ぎるのは早く感じた。

昼間はひたすら、クリーンナップをして御用を聞いてってやって、晩はキャッシャーをひたすら実践を通して、ひたすら訓練させられたからである。

で、今に至る。

時間が案外早く過ぎたように感じたわけだから、週2日くらいはこういう勤務が入るのも悪くはない。

しかし、クローザーはもう少し控えて欲しい。

僕も夕方5時とか9時に帰りたいでゴワス。

f:id:A28_K:20181130222541j:plain

出勤前に飲んだエナジードリンク

60%オフにつき、50セントくらいだった。

味は美味しかったし、元値が1.2ドルというのもかなり安い。

ただ、普段は冷蔵庫で冷やされた状態で売られてなさそうなところが残念。

f:id:A28_K:20181130222754j:plain

f:id:A28_K:20181130222759j:plain

近くの中華料理屋で食べた昼食。

チャーハンが見た目に反して、味付けが薄すぎるのは残念極まりない。

誰向けのチャーハンやねん?

他のおかずもあまり美味しくなかった。

味付けの濃い薄いではなく、根本的な味が中華なのか何なのかよくわからない味付けだった。

というか、味付けがもはや迷子である。

たぶん、もう行かないだろう。