日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

中国語?スペイン語?

来年の目標を立てるにあたり、悩んでいることがある。

それは、中国語を学ぶべきかスペイン語を学ぶべきか、ということである。

なぜ、中国語かと言うと、言わずもがな今や世界中のあらゆる国で話されている言語だからだ。

日本人からすれば、中国圏の国だけ?と思うかもしれないが、海外で生活してみてわかった。

世界中どこにでも中国語を話す人がいるということを。

確かに、カナダとオーストラリアが移民の国ということもあって、その比率は高めなのかもしれないが、それでも海外で生活していて、中国語を聞かない日はない。

それくらいメジャーに話されている言語だと僕は思う。

というか、英語と同じくらい話せた方が海外で生活する上で役立つ言語であることには間違いない。

一方、スペイン語

なぜに唐突にスペイン語かというと、ある種のブームかなと僕が思っているからである。

最近、洋楽でもスペイン語を歌う人が増えているというのが一因。

来年は、ギターも学んでいこうかと思うので、それと派生してスペイン語を学んでスペイン語でギターで弾き語りとかできたらかっこいいのかなと思ったりもする。

まぁ、それ以外にも中国語とまではいかないが、結構多くの国で話されている言語というのも学びたい一つの理由。

というわけで、どっちの言語を学ぼうかと悩んでいる。

まぁ、香港で働きたいと思っているのなら、まず、中国語を学ぶべきなのかなと思ったりもしている。

香港以外で働くことになったら、中国語の勉強をぱったり止めて、スペイン語にスイッチしてもいいのかもしれない。