日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

新人

今週に入って、新しい子がスタッフに加わった。

何だか、真新しいような体で書いているが、昨年末にも新しい子は入ってきたのだが、あまりにも仕事ができない上に、飲食業であるにも関わらず、香水をつけてきているチャラいやつだったのでクビになっていた。

それ以来の新人である。

仕事をしていて、前の新人がいかに仕事ができなかったかがよくわかる。

結構言われたことはしている感じで、頑張っているので、こちらとしても色々と助けたくなる。

やっぱり何かをしようとしていると、人はついてくるものである。

逆に言えば、何もしようとせず、ただ誰かが手伝ってくれるのを待ってるだけのスタンスだと人はついてこないと思う。

まずは、行動でしょう。

人は後からついてくる。

とにかく、今度の新人はすぐには辞めないような好印象を受けた。

 

あと、最近になって、クロージングをするのがしんどいという名目でクロージングのシフトを外してもらっていたのだが、その影響がモロ、労働時間に影響しているように思う。

今週が25時間程度で、来週は23時間くらいである。

だんだんと生きていくのにギリギリの範囲まで労働時間を絞られている感じがしてならない。

かと言って、週6日もモップがけしますか?と言われたら、それはゴメンである。

今思うと、リーガルの給料のところで働かせてもらっても、結局、お金は貯まんないんだなと思う。

時給がカナダよりも高いにも関わらず、手取りとしてはオーストラリアで働いている方が少ないという有様である。

こんなはずではなかったのに…。

常々そう思う。

貯蓄金額100万円とか楽勝とか思っていた自分をぶん殴ってやりたい。

本気でそれくらい稼ぎたいのであれば、ファームかファクトリーで働けという話である。

もし、週20時間を切るようであれば、本気で辞めて、帰国することも考えないといけない。

そうなると、ネックになるのが、IELTSである。

3月2日に受けるのだが、それまでは滞在しないといけない。

受験の予約をしたことを今更ながら後悔している。

f:id:A28_K:20190119212702j:plain

ウーローファンみたいな優しさをオーストラリアに求めたい。