日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

合う合わないの話

このブログで散々語っていたように、僕とオーストラリアの相性は最悪である。

カナダのいいところを一つ言っているうちにオーストラリアの悪いところ5つは言えるくらい。

それくらい、オーストラリアという国が合わなかった。

てっきり、カナダであそこまで快適な生活を送れたわけだから、オーストラリアとて、同じ移民の国。

一緒のような感じに違いないと思ったのが大きな間違いであった。

なぜ、そんな話をしているかというと、先日、カジサックとなかやまきんに君の対談動画を見て、改めて、そういう合う合わないがあるんだなぁと思ったからだ。


なかやまきんに君(同期)とトークしてみた結果・・・

これである。

なかやまきんに君久しぶりに見たけど、面白かった。

特に、アメリカ人と日本人の英語の発音の違いとかもはやツボである。

こういう何気ないトークで秀逸なボケをかましてくるあたり芸人さんってすごいなって思ってしまう。

話が飛んだが、このトークで気になったのが、きんに君の筋肉留学について。

彼、3年間もアメリカに行ってたんですね。

それで、結局、アメリカが合わずに日本に痩せて帰って来るという笑

マジか、食まで合わなかったか。

個人的なイメージだが、きんに君は割りかし何でも食べそうだし、食が合わないことなんてないと思っていた人がまさかである。

でも、それに気づくのに3年かかるって笑

僕の場合は半年で十分すぎるくらいだった。

ただ、僕の場合、食は全くの問題なし。

むしろ、モリモリ食べて、太っているくらいだから、食に関しては好きなくらいである。

というか、カナダの食がイケるのであれば、オーストラリアの食も同じようなもんである。

なぜなら、移民の国だから、同じような異国情緒溢れる料理屋が多いから。

ただ、現地にいる移民(主に日本人)とは合わなかった。

文化的な感じというか。

あと、細かいところでいけば、バスの運転とか。

これも文化と言えば、文化か。

先日もバスに乗っていると、バスの運ちゃんが急発進、急ブレーキばかりするから、乗客の女性が倒れて、尻もちついてましたから。

車内に電光掲示板がないとかという不便さは目をつぶろう。

ただ、こういう荒い運転を普通に許している感じはどうしても許せない。

どんだけ、人に優しくないねんと思うくらいである。

とは言え、街中にいる人たちはカナダにいるのと同じくらい人当たりがいい人が多いのだが、それなのにバスとなると優しくなくなるのである。

たぶん、人に優しすぎる文化なんでしょうね。

だから、どこかテクノロジーが発展していないところが目立ったりするんでしょうね。

そういうところが僕は合わないし、嫌いだった。

 

何だか、愚痴みたいな話になったけど、国とか地域が合う合わないって人それぞれあると思う。

だから、合わないと思えば、帰国するのもいいアイデアだと思う。

嫌な思いしながら、住まなくてもいいかと思う。

こんなこと書いときながら、北米に対する憧れが止まらなくなっている。

今のところ、手段としては海外転勤か、現地の学校に通って短期の労働ビザを下ろしてもらうかに限られてくるが。

ちなみに、現地の学校に通うというのは本気で考えてます。