日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

泣くまで待とう…

オーストラリア来てから、苦難の日々を過ごしてます。

それは、このブログで報告している通りである。

まるで、オーストラリアという世界6大陸の一角を担う大陸ごと僕を拒んでいるかのごとくである。

ちなみに、オーストラリアに来てから友達一人もできてません。

FBとかの申請も誘われたことがないです。

こっちとしては、オーストラリアにまた来る理由を作りたくないから、シドニーに来てから2ヶ月くらいでこのスタンスを取ると決めた。

具体的には、シドニーで回転寿司屋とジャパレスを兼務し始めた時か。

その時は、本当に絶望の淵だった。

というか、オーストラリアに住んでいる日本人に失望しかしなかった。

同じ日本人でもトロントと雲泥の差である。

それは、個人個人経験したことにもよるが、僕はオーストラリアに来てから(シドニーのみ)、ロクな日本人と会って来なかった。

だからこういうことが言えるのである。

でも、それは神の導きなのかもしれない。

オーストラリアを好きになって、また来る機会がきたら、あなたにとって面倒でしょ。

だから、オーストラリアを嫌いになるような出来事をいっぱい体験させてあげているんだよ。

そういう風に捉えられなくはない。

ポジティブと言えばいいのか、ネガティブと言えばいいのかわからないが。

あと、それに追い打ちをかけるかのごとく、昨日のちんちくりんヘアーである。

今日バイトに行ったら、言われたわ。

韓国人ですか?って。

そりゃ、韓国人経営の美容院に行ったわけだから、韓国人っぽいヘアースタイルになったのは無理もないかもしれない。

しかし、どう考えても不格好な髪型なのは間違いない。

っていうか、今までで初めてだわ。

散髪したあとの自分の髪型を直視したくない、って。

それくらい酷い。

我ながら酷すぎる。

となると、日本に帰る楽しみがまた増えてしまった。

それは、散髪である。

ここ半年くらいダサい髪型で居続けたので、普通に日本で切ったら、どれだけさっぱりしたいい髪型になるのだろうか。

想像するだけで、オラ、ワクワクすっぞ。

もはや、ドラゴンボールにもなれちゃうわ。

しかも、ロクに髪の毛をすいてもらえなかったから、未だに髪の毛が野暮ったい変な感じだし。

愚痴を言えば、キリがなくなってくる。

だから、日本に帰るという「ホトトギス」が泣くまで、僕の苦難の日々は続いていく。

f:id:A28_K:20190126212634j:plain