日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ダイエットェ…

今日、一週間ぶりに体重を測った。

なぜに、毎日ではないかというと、単純にうちの家に体重計がないからだ。

だから、ジムに行く日だけ測るようにしているわけである。

で、その結果である。

先週は約82.3㎏だったのが、一週間後の今日、なんと…。

体重が80.3㎏になっていた。

何これ…。

目標体重が80㎏だからダイエットする必要ないやん。

まぁ、これにはいくつか原因があって。

一つはドカ食いを止めたことによる体重減。

もう一つは過度の水分減少。

人間は夜中にも新陳代謝の影響で体から水分を失っているので、朝起きた時の体重と夜寝る時の体重が大きく違ってくるのである。

前の晩かなり寝汗をかいたのでその影響も大きいように思われる。

で、っていう。

これからどうしよう。

ダイエットやりますか、止めますか?

でも、これのためにプロテインを買ったり、野菜を買い込んだり、ペプシMAXを買ったりしてきたわけだから、開始早々止めるわけにはいかないような気がする。

何より、体型の変化が何も見えない状況で止めていたら、何が何だかわからない。

ということで、ダイエットは継続しますよ。

ただ、当初は目標体重を80㎏としていたが、それを79㎏にして、更に期間も2ヶ月を当初予定していたが、1ヶ月だけにしようかと思う。

たった一ヶ月、4週間。

今までにしてきたダイエットのどれと比較しても緩い目標。

今までが過酷すぎたように思える。

思えば、1ヶ月3㎏なんてかなりキツイ。

食事制限はすごいし、末期に起こる突発的な食に対する衝動はやばかった。

と、同時に食の有り難みと美味しさも噛みしめさせてくれた。

そんな過去のダイエットだった。

そんなダイエットを3ヶ月もするなんて、とんでもないことをしてきたんだな、自分。

3ヶ月も食事制限なんて耐えきれない。

そんな経験からすると、ダイエットは本当に短期決戦に越したことがない。

短いに越したことはない。

まぁ、1ヶ月〜2ヶ月くらいがいいんじゃない。

と、考えたら世のボディビルダーと呼ばれる人たちは本当に尊敬に価する。

あんな過酷な減量は私めにはできませぬ。

なにはともあれ、食の美味しさを再認識(えっ?)すべく、ダイエットは続けます。