日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ダイエット食

ダイエットしてるし、ブログも書いてるし、だから。

せっかくなので、僕のダイエット食を教えちゃいます。

朝は普通にシリアルを食べているんですが、昼と晩はダイエット食を食べています。

シリアスなダイエッターの方であれば、朝もダイエット食にした方がいいかと思います。

シリアルって結構カロリー高いんですよね。

それで、昼はこれですね。

f:id:A28_K:20190209203331j:plain

ポトフ的な野菜スープ。

でも、コンソメを使ってないから、ポトフとは言えなさそう。

で、作り方なんですが、写真のような耐熱容器を用意して、そこに野菜とソーセージをぶち込んで、塩、胡椒とチキンパウダーをかけて、レンチンするだけの簡単なお仕事。

ただ、この時使う野菜としては、キャベツとか白菜とか水分を多く含んだ野菜がマストです。

レンチンの時間は中の野菜にもよるのですが、大体15分もあれば、十分かと思います。

至って、シンプルかつ簡単なスープ。

ちなみに、このスープ。

水は一切入れておりません。

野菜の水分がにじみ出るので、それがスープになるから、水は必要ないんですね。

尚更、簡単である。

あと、味付けを塩と胡椒とチキンパウダーにしていますが、これをコチュジャンとかにすれば、チゲ風になったりする。

とろけるチーズを上にかけるのも美味しそうですね。

スープの味をトマトベースにして、ミネストローネ風にすることも可能。

今回、ソーセージを使いましたが、よりシリアスなダイエッターであれば、脂肪分の少ない鶏胸肉なんかにすることもできる。

味を追求するんであれば、豚バラ肉もいいですね。

単純に豚バラ肉と白菜を交互にミルフィーユみたいに重ねて、レンチンするだけでも美味しいものができそう。

こういうことを書くと、この耐熱容器自体可能性が無限大なんじゃないかと思えるほどである。

ともかくとして、僕は昼ごはんとしてはこれとご飯を食べています。

ご飯の量はこんなもん。

f:id:A28_K:20190209204139j:plain

たぶん普通のお茶碗の一杯強くらい。

300kcalくらいかな。

今回はそこまで根詰めてダイエットをしているわけでもないので、ご飯の量はそこまで減らしすぎてないから、こんな感じである。

今までやってきた時は、結構本気だったので、ご飯も一食あたり200kcalくらいに抑えてました。

あと、ご飯は玄米にすべきだったのですが、ジャスミン米がいっぱい余っていたので、ジャスミン米にしています。

 

昼はこんな感じ。

もしくは、牛ステーキと蒸し野菜とご飯みたいな感じでローテーションしています。

で、晩はまさかのこれである。

f:id:A28_K:20180915183110j:plain

ゲイナー用プロテインである。

1サーブだと表記されている通り、1284kcalなので、それの半分で賄っています。

プロテインで腹が膨れんのかと思われる方がいらっしゃるかもしれないが、ゲイナー用プロテインは違うんです。

この粉の中には、糖質なんかも含まれているので、お腹に結構たまるんです。

しかも、プロテインというだけあって、栄養価は申し分がない。

だから、これで一食が賄えるんです。

日本でもこの手のプロテイン売ればいいのにと思うのだが、今は売っているんですかね?

 

と、まぁ、こういう食生活で1ヶ月を乗り切ろうかと思う。

しょっちゅう腹回りは触っているのだが、だんだん掴める脂肪の量は減っている感じがする。

と、同時に筋肉も減っているような…。

でも、脂肪が減っている感じがするので、まぁ、いっかって感じです。