日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ゴリ押し

日本の飲食店で働いたことがないから比較できないけど、こっちのお客さんのオーダーに関する諸々についてのゴリ押し感が凄い。

すごいというか、イラっとする。

例えば、飲み物聞いているのに、関係なく自分の寿司の注文をし始めるのは日常茶飯事。

こっちとしては、言っていることを無視されている感じがしてかなりイラっとする。

特に、中国人がそういうことをする傾向がある。

ウェブニュースで読んだことがあるのだが、中国は政権が変わるだけで、財産とか諸々の所有物を失ってしまうという歴史があるため、そのため自分のものはまず確保したいという国民性があるらしい。

だから、中国人がすごく独占的で自己中な傾向が多く見られるのはその影響だとか。

確かにその通りだと思う。

誰かに盗られる前に自分で注文をするという意識が強いからこっちの言い分を無視して真っ先に注文をするのだろう。

納得はしているが、先ほど言ったように無視された感じがするのでかなりイラっとする。

この記事を読んでいる日本語に精通している中国人の方がいらっしゃったら注意して欲しいな…。

そんな物好きいないと思うけど。

あと、既存のメニューに色々オプションをつけてくるのもしょっちゅうである。

そりゃロールの周りについているとび子(トビウオの卵)を取ってくれとか、うどんに入っているネギとかわかめを取ってくれとかいうのは、全然オッケーである。

なぜなら、好き嫌いとかアレルギー持ちとかそういう理由はどうしようもないからである。

しかし、サーモンの握りにチーズを付けてくれとか、中に入っているアボカドを別のものに変えてくれというのは受け手側からしたらイラっとする。

いちいち確認するのも面倒だし、そもそもそういう形で出しているのだから、抜くとかはアリにしろ、追加とか中身を入れ替えたら、全く別のメニューになってしまう。

こういったお客様の要望を通し出したら、メニューなんて無限大になってしまう。

何のためのメニューかわからなくなる。

日本の回転寿司でもこういうオプション的なオーダーってしている方っていらっしゃるのだろうか。

僕は回転寿司が好きだが、こういう無茶振り感のあるオプションをしたことがない。

というか、そういうオプションを引き受け続けたら、あのコスパでメニューを提供できないと思う。

回転寿司に限らず、鳥貴族とかの居酒屋でもそんなオプションをする人がいるのだろうか。

いたとしたら、店側でかなりうざがられているんだろうと思う。

たぶん、日本人はそこらへんの空気を読むから、そういう無茶振りオプションをあまりしないように思う。

それに対して、こっちの人はとにかく自分の要望を無理やり押し通そうとする傾向が有る。

こちら側の面倒とか関係なしにである。

それは前述した通り、飲食で働いている側からしたイラっとするからやめて欲しい。

でも、飲食店、しかも日本人経営のレストランからすれば、お客様は「神様」なわけで、そういう要望がなるべく通ってしまうんでしょうね。

何度対応しても、こういうゴリ押しのオーダーはイラっとする。

こういう形で提供しているんだから、全く違うメニューになるようなオーダーはするなよ、と。

カルチャーショックと言えば、カルチャーショックですね。