日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

言いがかり

言いがかりをかけられた。

キッチンが間違って作ったお寿司を僕がきちんと渡さなかったのではないかという話である。

商品を渡す際はきちんと確認しているので、そんなことはないはずなのだが、どうにもその一件ですごく話がこじれた。

そもそもオーダーした商品と中身が違うし…。

ツナサラダなのに注文していないツナサラダアボカドが含まれていたらどう考えても作り間違いだろう。

と、火を見るよりも明らかな事案なのに、なぜに僕がきちんと渡さなかったことを疑われるかが意味がわからない。

というか、キッチンで誰がその間違った商品を作ったのか確認すればいいだけの話なのに、どうしてここまでこじれてしまったのか。

結局、色々確認した挙句、そのオーダーを注文した人からクレームの電話が来ないかどうか待つという話になったのだが、当然のことながらかかってこなかった。

当たり前である。

きちんとした形で商品を渡したからである。

オーダーの控えという状況証拠と照らし合わせても明らかキッチンの作り間違いなのに、どうして僕に疑いがかけられてしまったのか。

しかも、終わりのミーティングの際に、きちんと確認をするよう念押しをさせられたし。

いやいや。

確認した結果、こういうことになったんですけど。

どうして、間違って作ったキッチンのスタッフに嫌疑をかけなかったのか。

そして、間違って作ったスタッフも自分がした間違いは素直に認めて欲しかった。

何これ?

どんどんオーストラリアが嫌いになっていくんですけど。

というか、英語弱者に厳し過ぎないか、うちの職場。

f:id:A28_K:20190220222019j:plain

靴の箱にしては珍しい白色。

f:id:A28_K:20190220222050j:plain

HARDEN3のよくわからんカラー。

なんか名前があったような気がするけど、忘れた。

f:id:A28_K:20190220222102j:plain

それはさておきデザインですよ。

ちなみに、業者の加工ミスか何かで白い綿みたいなのがハーデンマークに挟まっているのがおわかりだろうか。

幸い細いピンセットで取れそうなので、日本に帰ってからオカンにピンセット借りて取ることにします。

海外のバッシュってこういう雑なところがちょくちょくあるような気がする。

f:id:A28_K:20190220222124j:plain

まぁ、デザインですよ。

この今まで所属してきたチームがプリントされたある種のカオスさ。

たまらんです。

f:id:A28_K:20190220222445j:plain

f:id:A28_K:20190220222215j:plain

10インチで買ったのですが、サイズは問題なしでした。

ちなみに、某サイトの情報によれば、間違いなく日本未販売カラーらしいです。

だから買ったんやけどね。

あと、履いてみてクッションの柔らかさに驚愕した。

ここまで足の衝撃を包み込むような感触だとは思いもしなかった。

adidasも頑張っているんだな。

日本で履く日が楽しみである。