日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

傭兵

どこかの記事で言ったっけ?

僕自身、今のレストランでは傭兵みたいな感じで働いていると。

もしくは、派遣社員的なポジション。

だから、必要以上に他人とは深く関わらないし、何なら空気みたく扱っていただいても存分に構わない。

でも、コミュニケーションが大事になってくる仕事なので、必要最低限のコミュニケーションは取りつつも、なるべく深入りしない。

と言いつつ、今日は傭兵の僕からしても(?)忙しかった。

平日でスタッフの人数が絞られている上に忙しかったからである。

というか、まぁ、こんなクソ忙しい時に僕みたいなヤツをシフトに組み込んだものである。

そのくせ、土日の賃金が割増になる日は入れないんだから、オーナーに嫌われてる疑惑が出たりもする。

新人を入れるより、僕を入れなさいと言いたいところである。

こんなクソ忙しい日に普通の賃金で働くなんて、僕はなんて使い勝手がいいんだろうか。

使い勝手の良いのは、当然である。

だって、傭兵ですから。

そう、我輩は傭兵である。

そんな傭兵生活もあと3週間くらいで終わりとなるとかなりホッとする。

カナダにいる時は、出国間近まで働いたが、ここではそんなことをする気はさらさらない。

そこまで店に対して忠誠心がないからである。

オーナーのためならば、頑張ります、とか。

この場所が好きだから頑張ります。

みたいな気持ちが全く起こらないからである。

だから、空気のように扱われ、そして、知らん間に去っていく。

それが理想かなと。

とは言え、雇っていただいたオーナーには感謝の言葉は最後のいうつもりである。

それが、傭兵の務めであるから(?)