日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

4日ぶりの出勤

海外でバイトを始めて、旅行以外の理由で4日間もオフがもらえるなんて思わなんだ。

まぁ、祝日が絡んでの4連休だからたまたまっちゃたまたまやけど、休みすぎるのも良くない。

まず、何よりノーペイなのが痛い。

どうせ、4月に入ってから最低1ヶ月くらい働かへんわけやから、その分働かせてくれよと思いつつ、その願いむなしくである。

ここまでシフトを入れてもらえなくなるのは想定外だった。

繁忙期とそうでない時とのことを全く想定していなかった結果である。

だったら、最初から掛け持ちしておけば、良かったと今更ながら後悔している。

そして、その結果があまりにも貯金が貯まらなかった今の現状である。

100万円の貯金を目指して働こうと思ったのもちょうど一年前か。

遠い昔に思える。

正にぐるナイのゴチ風に言えば、大誤算であった。

そもそも海外でワーホリで稼ごうという発想自体間違っていたのかもしれない。

そう思わざるを得ないオーストラリアでの一年間であった。

悔しいったらありゃしない。

ただ、この地オーストラリアで失った分の運は日本に帰ってから取り戻せると信じたい。

お金なんてなかったら、稼げばええんや。

というか、人生山あり谷ありと言うのであれば、カナダの一年は山の頂上にあたり、オーストラリアに来てから、どんどん下っていき、今谷底。

そんな感じに思える。

ここでの経験を果たして、次の職探しに活かせるか。

活かせると信じたい。

f:id:A28_K:20190312205531j:plain

色々なカレーを食べてみようということで食べてみた。

手前のが健康そうなベジタリアンのカレーである。

見ての通り豆が入っているのだが、この味が納豆に近い味がしたから驚きである。

実はこの豆、大豆なんじゃないかと思えるほどである。

もちろん、美味しかった。

あと、「Hot」って表記されていたカレーも食べてみたが、そこまでキチガイなくらい辛くはなかった。

まぁ、味仙の激辛台湾らーめんを完食した僕からしたら、赤子の手をひねる程度の辛さであった。

イチロー選手がよく食べているというカレー。

カレーはやっぱりいいですね。