日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

転職活動日記⑥〜マイページを完成させたら、自然と転職活動をするようになる説〜

最近、DODAの就職サイトのマイページを完成させてからというものの、毎日、求人の紹介のメールが届いてくる。

あまり興味がない業界だったり、飲食業界だったり、小売店の店長募集してますみたいなバイトの延長みたいな求人もあって、閲覧する気にもなれない案内が多かったりするのだが、それでも、求人票は見ちゃいますね。

大概は、予想した通りかと思って、がっかりさせられるんだけど、中にはこんな仕事ができるのかと驚く求人があったりするのもしばしば。

中にはこんな企業の紹介が来るのかと驚愕したりもする。

と言って、求人に応募しても必ず面接に行けるとは限らないのが現実。

国公立大の自称ハイスペック(はたから見れば)な能力を駆使しても、会社によっては見向きもされない。

まぁ、応募する求人すべてから面接してくれ、と来たら逆に怪しい。

でも、中には本当に興味があるし、働きたいと思っている会社にも求人を出しているわけで、そういう会社から返事が来ないと軽く凹む。

あと、今日、また人材会社の人と面談をしました。

今度はフィリピンの人材会社の人とです。

前回の香港の人材会社と同様に英語のテストがあった。

結果、中級程度らしいです笑

2年間も海外に暮らしてみて、中級って…。

それはいいとして、その程度の英語力でも現地で働くにあたっては十分くらいと言われたから驚きである。

フィリピンについては、ビザが下りやすいらしく、それも驚きであった。

というか、驚きだらけである。

フィリピンは英語圏の国だから、働けるのであれば、香港と並んで願ったり叶ったりな国である。

その後、担当者から何社か求人票を頂き、早速、応募するよう依頼した。

1社でも興味を持ってもらえると嬉しい限りである。

 

こんな風につらつらと転職活動について書いているが、何だか、転職サイトのマイページを完成させてから、自然と力を入れるようになった。

やる気があるないに関わらず、こんな企業が求人を出しているんや、という興味関心から来るものであるが、転職活動をしていることには変わりない。

とは言え、結構多いのが、直接、面接して頂きたいという依頼。

これはオーストラリアに滞在している関係上、できないとお断りをしているのですが、親切なことに今のところそういう返事をした会社から、日本に帰国してからでもいいので、という前向きな返事を頂いているから嬉しい。

そういう会社様に対しては、是非ともお会いして、面接をしたいという気持ちはある。

やはり、そういうところから縁が産まれると思っているから。

 

そういえば、話が全然変わるのですが、Youtuberのぷろたんがケンタッキーの動画あげてましたね。


【一度やりたかった】新発売のKFC大量買いして一気に食べるとサクサク音がやばい

動画を見ても、ケンタッキーのサクサク音が響きあたり、本当に美味しそうな音出してんな、と思いながら観ていたのだが、実は、僕も昨日の晩にケンタッキー食べてたんですよね。

f:id:A28_K:20190315211235j:plain

奥にあるのが、ウィングで、手前にあるのがテンダーである。

テンダーの意味がよくわからんが、調べてみたら「柔らかい肉」とかそういう意味合いらしい。

で、肝心の食感だが、全然サクサクじゃない泣

奥のウィングが少しサクサク感があったものの、動画にあるようなあんな音が出るくらいにサクサクしていなかった。

見た感じからわかるでしょう?

手前のテンダーに関しては英語の意味からして、そんな音がするわけがなく、ただただしっとりしている食感だった。

味としては、美味しかった。

特に手前のテンダーが柔らかさ故に食べやすく、味付けも程よいしょっぱさがあって、食をそそられるような味付けになっていた。

更に、写真にはないが、ソースが2種類あって、バーベキューとシーザーで、それらをつけたら、味に変化をつけられて、いくらでも食べれるような感じだった。

実際、これだけ食べても、まだ食べ足りないくらいだった。

ただ、一つ言っておくと、サクサクした食感が味わえるKFCって日本だけなんじゃないかと。

海外のKFCはそういう調理の仕方をしていないように思うのだが、どうだろうか。

f:id:A28_K:20190315211854j:plain

なぜか、28ドルかかるところが15ドル引きの13ドルだった。