日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

辟易としつつある海外生活

いつ眠りに落ちるかわからないので、覚醒している間に更新するスタイル。

なんだかね…。

飽きた!

この海外生活に。

本当変わり映えしないし、刺激がないんだよなぁ。

まぁ、現地の友達0人だから、刺激を得ようにも得ようがないと言えばない。

一体、なぜにこうなってしまった。

海外生活と言えば、毎日未知との体験であり、デッカい宝島みたいな毎日が待っているのではないのか。

しかし、現実は違った。

いや、オーストラリアに来てから、か。

カナダに居る間は順調すぎたのだ。

「これが、海外生活か。オーストラリアもおもろいに決まってる!」

と勝手に決め込んで、単身オーストラリアに乗り込んだのだが、それが岐路だったんだろうなぁ。

それからはこのブログで書いている通りである。

運が下り坂になった感じ。

やることが結構裏目に出て感じがあったから、運気としては最悪だったように思う。

細◯数子に占ってもらっても、同じことを言われそう。

と、愚痴ってますが、どうせあと、約2週間後には日本にdive to blueなんですがね。

でも、本当にこの生活に飽きたのは事実。

あと、一年この生活を続けろと言われたら、発狂すること間違い無し。

発狂したついでに日本に帰るわ。

それくらい最近の生活に刺激が無くて、つまんないと思っているってことですわ。

僕はあえて友達を作らなかったが、オーストラリアになんの恨みも辛みもなければ、友達は作っておくべきである。

というか、どこに行こうが、当然か。

f:id:A28_K:20190322191428j:plain

いつも行っている台湾料理屋が4月3日まで休むらしいので、代わりに隣の中華料理屋でginger chickenなるものを食す。

味自体、生姜がそこまで強くなく、全体に塩気の効いた優しい味に仕上がっていた。

結構ボリュームもあった。

ただ、蒸し鶏の中途半端に血が残っているのは良くなかったかな。

血というか、血の跡というか。

表現しにくいんだけど、断面図が真っ白な感じではなく、真ん中あたりに血の黒ずみが残っているというか。

それさえなかったら、尚のこと良かった。