日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

残って欲しい的な話

何故にアデレードに残ったらみたいな提案をされるのだろうか。

僕自身そう残りたいなんてこれっぽっちも思っていないし、そう思われたくないように行動してきたはずである。

なのに、何故か?

前のシドニーの時もそうだ。

職場の人間に対して、そっけない塩対応をして、空気みたいに扱ってほしいと思いながら仕事をしていたのに、いざ、出るってなったら、残って欲しい的なことを言うんだもんな。

まぁ、それは、僕の人柄云々よりも仕事のできるできないなんだろうなと思ったりもする。

自分で言うか、って言う話だが、そうとしか思えない。

仕事に取り組む時の感じとか、普段の仕事っぷりが一緒に仕事をしていて助かる的な、そういう風なことを思うことが多いからこその反応なのだろう。

仕事を評価してもらえるのは嬉しいが、何度も言うが、アデレード、いや、オーストラリアに残って骨を埋める気なんて毛頭ない。

学生ビザで残ったらみたいなことを2回ほど勧められたが、そんな金があったら、トロントに滞在している。

流石にそこまでは言いませんでしたが、とりあえず、滞在する金がないから無理って言ってやんわりと断った。

いやぁ、仕事ができるって罪ですね。

それでも言うかという話である。

職場のパーティーにも参加せず、空気みたいな感じで仕事をしていても、残って欲しいと思う人がいることが不思議である。

だが、すまんな。

オーストラリアに今後行く予定はこれからの人生で皆無に等しいだろう。

 

そういえば、明日、フィリピンのとある企業様とスカイプ面接である。

人材会社から面接に臨むにあたってのアドバイスをメールで頂いたが、受かる気がまったくしない。

というか、志望動機…どうしようか?

そんな状態である。

そこからフィリピンで働きたい理由とかを述べていかないといけないのである。

このブログを書き終えてから考えることにする。

f:id:A28_K:20190325210937j:plain

ストロベリーシェイクを勢い良くかっこんで、眉間がすごく痛くなるヤツ泣