日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

光熱費代の過剰請求

僕は家賃と別途で光熱費大を払っている。

というか、それがルールだから。

もう少ししたら、僕が出て行くから、今日、最後の家賃と光熱費代の請求の知らせがSMSで来た。

家賃に関しては、異論がなかったのだが、なぜか、光熱費代だけ2ヶ月分の請求になっていった。

かなり動揺した。

なぜなら、僕の頭の中では残り1ヶ月分のはずなのに、2ヶ月分の請求が来たからである。

何度過去の請求書と見比べても計算が合わない。

ここで日本人に騙し取られてしまうのかと絶望しかけた。

しかし、僕が滞在トータルの日数を刺し合いに出して、ようやく納得してくれた。

こういう時のために、請求書って役に立ちますよね。

というか、家賃とかで請求書を切らないオーナーとかどう考えてもブラックである。

まぁ、シドニーに住んでいた時のオーナーがそうだったんですけど泣。

選べる立場じゃなかったからしぶしぶ納得したけど、本来であれば、そんな家絶対にお断りすべきだったはずである。

結果は散々な目に遭いましたが。

こうして書いてみると、やっぱりオーストラリアに来てからの日々は苦難の連続だったと思う。

それだけにもうすぐ日本に帰れるということがどれだけ有難いことなのか。

やっぱり苦労をした上で得るものって格別のものがありますよね。

ニートが平日の真昼間に余暇を満喫するのと、サラリーマンが平日の昼間に同じことができるのとでは感じ方が格段に違う。

後者の方が充実感というか、休みを満喫し、感謝している感じあるというか。

やっぱり人生オンオフというかメリハリがないと充実しないんじゃないかな。

そういう人生を今後も歩んでいきたいところである。

と、言いつつ、とりあえずは一人暮らしがしたいです。

今の環境だと、音がだだ漏れで、居心地がすごく悪いので。

それで月々日本円にして48,000円くらいするから、いかにオーストラリアの物価が高いかが分かる話である。