日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

最終出勤

今日が僕の海外でのワーホリ生活における最後の出勤となった。

ここに来るまで、すごく長く感じた。

だからこそ、終わってしまうことに少し侘しさを感じたりもした。

ただ、ここでのバイトをまだ続けたいかと言われたら、お断りしたい。

やっぱり英語での対応は辛い。

自分が英語ができないだけに。

毎日、緊張との戦いだった。

そういう環境が楽しいわけがない。

ある種の試練みたいなものである。

でも、ワーホリ生活で最後にこういう修羅場みたいな環境で働けたことは将来の糧になるかと思う。

そして、最後に一応スーパーバイザーに挨拶を。

すごく噛んでたどたどしくなってしまったが、言えて良かったかと思う。

改まって英語で言うと、どうしても緊張してしまう。

自分で言うのもあれだが、よく働けたもんだと思う。

噂では結構辞めている人が多いみたいな話を聞いたことがあるところだったので。

まぁ、噂に違わないところはあったことは確かだと思う。

しかも、英語に不自由なのが僕だけというかなりアウェーな環境だったので、尚更のことに思う。

改めて、よく頑張ったな、僕。

 

さて、明日からしばらくの間、ガチニートである。

とりあえず、日本に帰るまでの間は、バスケと筋トレとやり残したスマホのゲームをやってしまうかと思う。

もちろん、ESPNのニュースとか見て、英語に触れるようにはしていくつもりである。

あと、プログラミングの勉強も。

でも、しばらくは緊張感から解き放たれた余韻を味わいたいと思う。

こう書いてしまうと、カナダで最後のバイトを終えた時と随分と心境が違う。

開放感、達成感がハンパない。

f:id:A28_K:20190330222909j:image

こういう寿司を出してるところで働いてました。

最後のオチも美味しく頂きました。

 

f:id:A28_K:20190330223049j:image

f:id:A28_K:20190330223008j:image

シドニー時代から1年間共にしてきた作業靴。

結構ボロボロですね。

ちなみに一回豪快にこけたことがあって、横に大きな穴が空いてます。

f:id:A28_K:20190330223202j:image

アロエライチがうまい。

日本でも紙パックで飲めたかもしれないが、こっちの方が断然美味しい。