日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

sim契約と卒業宣言とヘアカット

sim契約をしに、梅田まで。

昨日、契約しようとしたんやけど、ちょっと思うことがあって一日保留した。

それは、日本を出る前にNifmoで契約してたんやけど、そのNifmoの契約がどうなっているか確認したかった。

解約したはずなのに、毎月270円程かかっていたので、これがもしも、番号保持にかかるお値段だとしたら、契約手数料とかかからずに、simカードを再発行できるかもしれない。

だから、保留した。

そして、確認した。

結果、どうやら毎月の270円はニフティのIDを保持するための費用だったらしく、携帯の契約とはなんら関係がない。

だから、再発行するにしても手数料がかかるという話を説明された。

たまったもんじゃない。

で、ニフティのIDを解約して、mineoでsimを発行してもらうべく再度大阪へ。

なぜに、mineoかというと、解約手数料がかからないからである。

今の段階では、日本国内で働くことになるのか、海外で働くことになるか不明瞭。

かと言って、就職活動をする上ではsimの契約は不可欠。

その結果、選ばれたのがmineoである。

月々3GBでお値段約1700円。

かなり良心的。

 

そして、その後、早速オトナのサービスを電話予約して、利用する。

したことは割愛させて頂くとして、主にローション風呂ってどんなんなのか、ということと、諸々MAXの状態でどれくらい抜けるのかを確認したかった。

f:id:A28_K:20190411231105j:plain

わざわざこういうのまで飲んだ。

で、その結果、100分という時間では2回が限界だった。

もし、もう100分となれば、もう一回くらい抜けたかもしれない。

まぁ、でも、こういうサービスは基本1回っぽきりと考えた方がいいだろう。

で、こういう店に行くたびにオトナ実験と称して自分を実験台にしてきたのだが、ふと、もういいかなと思ってしまった。

どんなに長い時間を過ごそうと、結局、ただ抜いてもらっていることには変わりがないことを悟ってしまったからである。

だったら、誰かと一緒にいようが、一人でやろうが大して変わらない。

だから、今後こういうサービスを利用することはないかと思う。

によって、ここに卒業宣言をしたいかと思う。

 

f:id:A28_K:20190411231515j:plain

f:id:A28_K:20190411231521j:plain

松の屋のとんかつ。

このボリュームで約900円はすごく安い。

しかも、ロースカツは安物のお肉ではなく、きちんと豚の濃厚な油と赤みが混じり合った味がしていたので、豚そのものの美味しさを味わうことができた。

そして、何より驚いたのが、僕が行ったのは夜の8時という忙しい時間帯だったのだが、約40席くらいある現場をスタッフトータル3人で回していたことである。

そりゃ、あの値段で提供できると納得した。

日本のレストランは人手不足が囁かれているが、省人化とか進んでいるところは進んでいるように思えた。

こういう企業努力に感動した。

だって、僕の働いてたオーストラリアの回転寿司屋なんで、スタッフトータル10人で約30人くらいを対応してましたから。

どうも、海外とは言え、レストランのキッチンとホールを経験してると、そういう目線で日本のレストランを見てしまう。

 

あと、髪切りました。

f:id:A28_K:20190411232136j:plain

目が怖い笑

前回との比較

f:id:A28_K:20190125183653j:plain

まず、パッツンじゃないのは当然のことで、あと、毛量の違いもわかって頂けるかと思う。

いかに、アデレードのチャイニーズの美容師の腕がクソかということを。

そのことを散々ネタにして、disってました笑。

あと、海外の経験の話をひたすらしたんですが、すごくウケがよかったですね。

海外で2年間過ごしたということが、これほどまでに話のネタになるとは思わなんだ。

やっぱり他人と違う経験をするっていいことだと思う。