日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

Tinder再開してました

カナダでできた友達から、日本ではもはやカフェでも外国人が働いているのが当たり前と聞いたので、Tinderを再開した。

やっぱり、外国人の友達、あわよくば彼女が欲しいのである。

自身の英語のためもあるし、価値観というかバックグラウンドが違う人と知り合うのはやっぱり楽しい。

というのは、綺麗事かもしれない。

でも、相手方からしても日本語を僕から学べるわけだから、汚い話だがお互いwin-winだとは思う。

ということで、再開して約10日。

マッチするのは意外に早かった。

そして、今日会ってきた。

その子は自称「super fat」って言ってたくらいだから、体型はちょっと心配だった。

自称「chubby」とか言っときながら、体重が僕の倍くらいある人と会ったという前例があったから、ちょっと懸念していた。

ちなみに、僕は「chubby girl」が好きなのである。

「slim」よりも。

で、実際会ってみたら、全然「super fat」ではなかった。

体重も僕と同じくらいじゃないかな。

「女は50kg〜100kgまで」というのを掲げている僕としては全然許容の範囲内だった。

というか、実際に会ってみても、僕好みにあっていたので、かなり内心喜んでいた。

向こうも色々事情があって、メッセージでやり取りしている限りでは、1時間くらい経ったら家に帰るみたいなことを言っていた。

が、結局、2時間半くらい大阪城のあたりを歩きながら、しゃべっていた。

1時間がまさかの2時間半。

脈がある…?

と思うのだが、どうだろうか。

いやいやいや。

僕のことが嫌だったら、1時間でとっくに帰っているだろう。

でも、それが結局2時間半ということは…。

ちなみに、2時間半までというのは、僕の都合で僕がこの後バスケをしに行くから、2時間半までということだった。

なんというか、あっという間に時間が過ぎたというか。

相手が疲れていたせいで、すごく小声だったので聞き取れないこともしばしばあったが、お互いきちんと意思の疎通ができていて良かった。

もちろんベンチで休んだりしながら散歩をしましたよ。

ただ、相手も日本語を勉強しているとは言えども、ほとんど会話は英語だった。

だから、僕にとってはすごくありがたい話だった。

もちろん、LINEの交換もして、今後も連絡を取り合うようにした。

正直、「I'm a super boring.」って聞いた瞬間、ヒヤッとしたが、後々やり取りをすると、「私がつまらない女で、ごめんね。」という意味だと気づく。

どうやら、「boring」の単語ひとつ取っても違う意味があることに気づく。

ネイティブと会話とかやり取りすると色々勉強になる。

なんやかんやで今までTinderで出会ってきた女の子(5人くらい)の中で一番楽しかった。

と言っても、僕は感情をあまり表に出さないエモーションレスな男なので、そのあたりはあまり伝わらなかったみたい。

と、まぁ、のろけましたが、今後どうなるかわかりませんが、次会う日がすごく楽しみである。

そんな日本で始めたTinderでの初めてのデート(?)だった。

f:id:A28_K:20190422001711j:plain

f:id:A28_K:20190422001716j:plain

振ると味が変わるを謳い文句にしたブラックコーヒー。

確かに、振って泡立てさしたら味が変わったから驚いた。

文字通り滑らかな喉ごしになったというか。

こういう商品って面白いですよね。

f:id:A28_K:20190422001722j:plain

大阪城に咲いていた花。

名は知らぬ。

思わず、撮ってしまった。

f:id:A28_K:20190422001725j:plain

約10年ぶりに食べたこのアイスクリーム。

10年前と変わらない美味しさでした。

ちなみに、彼女(※男女の関係ではない)はアイスクリームが大好きらしく、3つくらい買っては食べ歩きをしていた。

歩きながら、しょっちゅう「アイス、アイス食べたい。(日本語)」って言ってた気がする。

それが面白くもあり、可愛かったりもした。

f:id:A28_K:20190422001731j:plain

バスケした後に、大阪王将に言って、餃子と麻婆天津飯を食べる。

どうして、大阪王将天津飯の卵が柔らかくて、とろけそうな感じに仕上がるのだろうか。

これがご飯と合わないワケがなかろう。

もちろん美味でした。

あと、ビールが欲しかったが、無職の身なので我慢をした。