日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

とあるフィリピン録

f:id:A28_K:20190424233727j:plain

街並み。

これは開発区の方で、ちょっと外れれば、スラム街。

そのあたりがなんともフィリピン。

f:id:A28_K:20190424233738j:plain

懐かしのTim Hortons。

なぜかフィリピンには進出しているのね。

f:id:A28_K:20190424233742j:plain

チェーン店のレストランに入ったら、まさかの氷がひとつ笑

冷たいワケがない。

外はクソ暑いのに。

f:id:A28_K:20190424233748j:plain

これで280ペソ、日本円にして560円くらい。

大体これくらいの値段を出せれば、十分食べていける。

f:id:A28_K:20190424233752j:plain

日本から使わなくなった自販機を輸入したかのような自販機。

もちろんペソ対応。

f:id:A28_K:20190424233755j:plain

よくわからんエナジードリンク

こんなクソ暑い中だったら、何を飲んでもおいしい。

さっきのレストランの水があんな感じだっただけに。

f:id:A28_K:20190424233801j:plain

Green beltっていうかなり大きいショッピングモール。

f:id:A28_K:20190424233811j:plain

f:id:A28_K:20190424233806j:plain

f:id:A28_K:20190424233814j:plain

f:id:A28_K:20190424233819j:plain

f:id:A28_K:20190424233826j:plain

日本のお店がいっぱい。

値段はフィリピン価格でした。

f:id:A28_K:20190424233830j:plain

f:id:A28_K:20190424233835j:plain

7年前にセブに言った時も思ったけど、ショッピングモールの中が基本的に自然が溢れている。

こういうのはリゾート感が出て、すごく好き。

f:id:A28_K:20190424233840j:plain

f:id:A28_K:20190424233844j:plain

ゲーセン。

一世代前くらいのゲーム台がずらり。

f:id:A28_K:20190424233848j:plain

f:id:A28_K:20190424233853j:plain

Brown Sugar Taho

これで150ペソ、日本円にて300円くらい。

日本より若干安いくらいか。

中身はタピオカとプリンのようなものが入っていて、ベースは黒砂糖の味がするお茶。

Brown teaという言うべきか。

f:id:A28_K:20190424233857j:plain

 

f:id:A28_K:20190424233902j:plain

f:id:A28_K:20190424233910j:plain

f:id:A28_K:20190424233917j:plain

 

f:id:A28_K:20190424233923j:plain

f:id:A28_K:20190424233931j:plain

晩御飯にサーロインステーキを食べる。

これで207ペソ、日本円にして400円くらい。

ちなみに、ごはんはおかわり自由。

肉は焼肉並みに薄く、品質もひどいがそれを濃い味付けのソースで騙している感じ。

フィリピンの料理って、素材の悪さを隠すため、味付けが異様に濃い料理が多い気がする。

僕は、こんなお肉をおかずにしてごはん3杯食べました。

肉はいいとして、このソースがごはんと合うんだよな。

おそらくバターベースのソース。

f:id:A28_K:20190424233935j:plain

フィリピン産beer。

これで60ペソ、日本円にして120円くらい。

味は美味しかった。

ビールに関しては日本人でも楽しめる美味しさに仕上がっている気がする。

f:id:A28_K:20190424233942j:plain

今日のホテルの朝食はちらし寿司とかチャプチェとか色々な国が混ざってました。

思えば、ホテルの朝食が一番マシだった。

美味しくはないけど、なんの不満もなく食べれるレベル。

ちなみに、なぜかオレンジジュースとかパイナップルジュースが不味かった。

少し薬っぽい味がしたのは気のせいか。

f:id:A28_K:20190424233948j:plain

空港に入るにも、荷物検査が必要。

さすがは銃社会

しかし、同じ銃社会でもアメリカはそこまでしていなかったような気がする。

ちなみに、ショッピングモールに入る時も荷物検査がある。

いちいちバッグを空けるのは面倒なので、いっそのこと空港の税関みたく機械にすればいいのにと思ったりする。

でも、機械を導入するよりも人件費の方が遥かに安いんだろうなぁ。

年金が月12000ペソ、日本円にして24000円の世界ですから。

とにかく、レストランにしろ、ショッピングモールにしろ従業員が無駄に多かった。

はっきり言って、無駄すぎる。

f:id:A28_K:20190424233954j:plain

空港にもTim Hortons。

f:id:A28_K:20190424234002j:plain

ケンタッキーにて。

チキンとチキンでチーズを挟むタンパク質の塊のヤツ。

f:id:A28_K:20190424234008j:plain

ポテトのショボさとドリンクが紙コップではなく、グラス。

環境に配慮してのことだろうか。

ちなみに、お値段は200ペソ、日本円にして400円くらい。

日本円で考えたら、妥当に思えるクオリティ、ペソで考えたら、損したと思えるようなクオリティ。

f:id:A28_K:20190424234015j:plain

帰国して、真っ先にすき家で牛丼を食べる。

ねぎ玉牛丼ですかね。

約2年ぶりに牛丼を食べたわけだが、やっぱり美味しいですね、日本の牛丼は。

しかも、追加の豚汁が具がたっぷりなことに更に驚いた。

これで810円なわけだから、日本の料理のコスパは半端ない。