日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

実家生活

実家生活にもはや飽きる。

実家というかこのニート生活。

賃金を稼いでいない無収入状態、いわゆる無職。

もうそろそろ色々な意味で限界を迎えそう。

何なら煩悩がただ漏れて終いには発狂してしまうレベル。

そこまでこの怠惰な生活に辟易としつつある。

それで、そんな生活を少しでも打破すべく、ぷよぷよとかプログラミングとかをしたりしているが、それでもこの悶々とした気分は晴れない。

と、就職が決まらずにもやもやしている状態であれが、これくらい悶々とするのはわからなくはないが、よくよく考えれば、内定を2社からもらっているではないか。

だから、少なくともニートではないはずである。

ただ、かといってこの中途半端な状態はどうすればいいものか。

単発のバイトでもやろうか。

でも、コンサートのセッティングのバイトだけは嫌だ。

奴らはバイト君をゴミのようにしか扱わないことを僕は知っている。

コンピュータを使って、内職でいいバイトができればいいかなと思い探すも、中々いいバイトが見つからないし、手続きが面倒。

毎日を少しでも生産的に過ごすべく、何かを新たに始めるべきに思う。

今、考えているのはTOEIC

なんやかんやで海外で働こうが働かまいが、日本企業かつ英語を使うとなると、求められてくるのが、このTOEICだからである。

日本人かつ国際人になるには避けては通れない道だと今更気づく。

TOEFLとかIELTSじゃダメなんですね。