日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

オファー

今日改めて、エージェントにフィリピンで働く決意をしたことを伝えた。

そして、すぐさま電話しませんか?と言われたので、応じた。

電話で話したところ先方が喜んでいるとか、こちらの質問事項に関する回答とかだった。

台湾に出張に行く機会があるらしいので、できれば中国語を勉強して欲しいと言われたが、マストではないらしい。

で、入社時期だが、諸々の準備を踏まえると、6月の第一営業日からだとちょっと厳しいということを伝えると、先方も了承してくれるだろうと返事を頂いた。

ホンマかよ。

雇う側からしたら、月の第一営業日に入社してくれるのが、ベストなはずなのに、こんなに柔軟な対応をしてくれるのだろうかと少し懐疑的になった。

そして、入社してから、すぐにフィリピンというワケではなく、2、3ヶ月東京で研修を受けた後にフィリピンということになるらしい。

研修とは言いつつ、おそらくビザの取得の関係もあるのだろう。

就労ビザを取るのにどうしても時間がかかってしまうものなので。

東京で研修を受けるため、会社側がマンスリーマンションを借り入れてくれるとのことらしい。

だから、10日後に入社っていうのはちょっと厳しいかなと思っていたから、入社時期の延長は有難い話である。

ともあれ、一応職が見つかって、各転職サービスの利用は停止した。

主にスカウトメールっていうヤツである。

さすがに、職が見つかってからああいうのが送られてくると、絶対に鬱陶しい。

入社するまで、どうしようか。

とりあえず、色々勉強しつつ、リラックスでもしていようかね。

十分したかもしれないが。

https://www.instagram.com/p/BxwNt_THnp_/

Oosho lunch set@Osaka Oosho#japan#osaka#oosho

大阪王将すごいですね。

大阪王将と言えば、天津飯の卵の部分だと思ってるので、それが付いているのはすごく嬉しい。

しかも、見た目ではわかりにくいが、厚みがあって当然のことながらご飯がすすんだ。

しかも、ご飯お代わり自由なのをいいことに、ご飯4杯もおかわりしてしまった。

デブまっしぐらである。

でも、それだけ個々のおかずが美味しかったらどうしようもない。

抗えないのだ。