日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

Vacation

横文字並べてすいません。

人によってはアメリカ方言とか言ったりしたりとかしないとか。

何が言いたいかというと、vacationっていいよね。

でも、そんなに長くは要らないよね。

っていうのを言いたかったんです。

今、正しく僕の状態がvacationみたいなもんだと思うんですけど、正直、1ヶ月ないし長くとも1ヶ月半あれば十分かなって。

それを会社働いてからももらえたら快適に働けると思うんだよなぁ。

そんな日本企業皆無に等しいとは思うけど。

いや、1ヶ月とは言わない。

毎年、2週間は欲しい。

1ヶ月とかそんな長期休暇、フランス流で言うvacationは3、4年に一度くらいでいい。

っていうか、そこまで働いてもらうんであれば、いっそのこと3、4年のスパンで転職したらいいんじゃないかと思う。

今や、終身雇用が崩れつつあるので、その中でプロジェクト単位で人を雇うっていう話も出てきている。

そこに便乗して、プロジェクト毎、それこそ3、4年の単位で雇ってもらえたら、それはそれでいい働き方かなって思う。

問題は、プロジェクトに似合ったスキルとかを身につけないといけないところであるが、それはおいおい身につけていけばいいかなと思う。

まぁ、この先働き方も変わっていく中で人それぞれの働き方も多種多様になっていくと思う。

そんな流れに対して、賛否両論あるかもしれないが、僕は賛成です。

働きたい、稼ぎたいヤツは稼いで、そうでない人はそうでない人でそれなりの幸せを求めて生きて行く。

他社比較ではない。

そんな生き方を目指したいところである。

そのためには、まずは転職市場がもっと活性化して欲しいし、あわよくば、前述したようにプロジェクト単位で人材をマッチングさせるサービスも出てきて欲しい。

でも、そんなことを語る前に、まずは再来週から始まる仕事を軌道に乗せたいですね。