日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

市役所とカット

昨日になって、ようやく会社から入社にあたっての必要書類の連絡が来たので、対応した。

その中に、「住民税の納付を証明できるもの」とあったので、市役所へ行き、その手の書類をもらいに行った。

が、住民税って1月1日に日本に籍を置いていないと発生しないんですよね。

で、僕はここ2年間もの間、海外暮らしをしていたから、住民税の納付義務が発生していない。

だから、証明できるものと言っても、住民税を納付していないわけだから、そんな書類存在しないはずなのである。

でも、一応会社に提出書類になるわけだから、何かしらの証明は必要なのではないか。

そう思い、市役所へと足を運んだ次第である。

結果、役所側は対応に少し困りつつも、住民税の納付義務が発生していなかったことに関する証明書を作ってもらった。

ちなみにお値段は300円である。

たかが、フォーマットを印刷しただけの用紙と市長印に300円とは中々のお値段である。

どうしようか悩んだけど、渋々払うことにした。

 

あと、髪切った。

長さ自体はそんなになんだけど、毛量が増えていて、シャンプーワンプッシュでは追いつかなくなっていたので、切りにいった。

スタイリストさんにその話をすると、大概の人は髪を切りにいくタイミングとして、スタイリング剤のノリが悪くなるか、シャンプーのプッシュ数が増えるかどうかのどちらかと言われて、僕は正しく後者だという話をした。

そこの散髪屋さんは腕がいいので、地元に帰ったら、毎回切りに行っている。

それにしても、どうやって見つけたんだろう。

覚えていないけど、そういう場所があるっていいですよね。

 

f:id:A28_K:20190605195800j:plain

メルペイで買ったら、ファミチキが11円で買えました。

メルペイとかペイペイがクーポン出しているという話は聞いたことがあるが、ここまで安いとは驚きである。

今まで、Apple Payによる決済はクレカ経由だったが、メルペイ経由に切り替えてもいいかもしれない。

残高は簡単にチェックできるし、銀行口座からチャージできるから使いすぎる心配もない。

ただ、このクーポンで気になったのが、マクドナルドの割引率が低かったこと。

ファミチキとかだったら、90%オフくらいの破格の割引率なのだが、それに比べると、マクドナルド、20円、多くとも50円だったので、なんともケチ臭いと思ってしまった。

電子マネー決済に後ろ向きなのだろうか。

とは言え、コンビニの割引率がとんでもないだけであって、10円、20円くらいの割引が普通なのかもしれない。

いずれにしろ、メルペイとかペイペイはクーポンあるか知らんが、電子マネー決済に切り替えた方がお得ですよ。