日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

再就職前夜

再就職前日である。

早いようで短かった2ヶ月。

仕事が見つかったのはまさかの日本に帰ってから、わずか1ヶ月。

そこから、少し葛藤して、働こうと決めたのは約3週間前くらい。

そこから、入社日を先延ばしにするしないの話があったり、東京での住まいが決まっていなかったりと色々トラブルがあった中で、今に至るという話である。

心境としてはどうか。

全くと言っていい程、穏やかである。

別に緊張しているわけでもないし、ちょっと東京生活にワクワクしているくらい。

仕事に対する不安がないかと言われたら、嘘になるかもしれないが、今までの海外での2年間のバイト経験や、前職での仕事の経験をしてきたことによる自信からか、それほどプレッシャーには感じていない。

どうせ、僕やから上手くできるやろう。

だって、あれだけできないと言われてきたウェイターの仕事でさえ見事に全うできたわけだから、怖いものなんてないんじゃないかな。

人間関係の構築に関しても何ら不安に思ってない。

それも、年上、年下関係なく、色んな人達と仕事上でうまく関わってこれたからだろう。

よっぽどのキチガイ地味たヤツ以外はどうにかうまくやっていける自信がこれまたあったりする。

あと、緊張していない理由として、明日、働くわけじゃないからである。

実際に働き始めるのは水曜日からで、それまでは住環境を整えるべく、準備に費やしてくれとのことである。

だから、あまり緊張していないのである。

ちなみに、明日は朝早くの東京行きの新幹線に乗らないといけない。

だから、今日は早めに寝ないといけないが、ちょうどいい感じに眠いのでそれも何ら問題はないだろう。

思えば、新卒で入社した際はすごく初々しかったなぁ。

入社前日とか、というか1週間前からすごく緊張していた記憶がある。

こんなバイトですらロクに長続きしなかった人間が果たして正社員として息を長くして働けるのだろうか。

案外、1年くらいであっさり辞めてしまうのではないか。

が、結果は5年という、世間一般で言う3年以内という基準を遥かに越える期間働くことができた。

こんな僕でも働けたという意味で、前職の上司や職場の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいである。

そして、そんな初々しい気持ちも今となっては懐かしいし、もう、ああいう緊張感を味わうことはないかと思うと少し寂しい。

というわけで、明日から、正社員再開します。

 

親と一緒に業界No.1のスシローに行ってきました。

f:id:A28_K:20190609211653j:plain

f:id:A28_K:20190609211659j:plain

f:id:A28_K:20190609211704j:plain

f:id:A28_K:20190609211708j:plain

f:id:A28_K:20190609211716j:plain

f:id:A28_K:20190609211712j:plain

f:id:A28_K:20190609211722j:plain

f:id:A28_K:20190609211727j:plain

f:id:A28_K:20190609211732j:plain

f:id:A28_K:20190609211737j:plain

個人的な感想として、どこの日本の回転寿司屋にも言えることなのだが、ネタよりもシャリが目立つ寿司ってどうなの?

僕たちは寿司を食いにきたのであって、シャリを食いにきたわけではない。

こうにもネタが小さくてシャリが目立つ寿司ばかり食っていると、寿司というよりシャリを食べに来た感覚になってしまう。

でも、100円寿司にこれ以上のクオリティを求めても仕方ないか。

100円という縛りの中で本当に素晴らしい企業努力をされているかと思います。

ただ、あくまでも100円の回転寿司屋はファミリー層向けなんだなと改めて感じてしまった。

しかし、その中でも光物は原価が安いおかげか、ネタが結構大きくて美味しかった。

大人だったら、この手の回転寿司屋で満足したいのであれば、断然光物を食べることをお勧めする。

あと、最後のブリュレも美味しかった。

多少値上がったとしても、昔と変わらず美味だった。