日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

この話を3日もするなんて

長編になった

まさかこの話題で3日間も潰すとは思いもよらなかった。きっかけは帰り際に同僚と話をした雑談である。彼は、台湾人でワーキングホリデーとかの制度とかにも詳しい上に、日本語が達者である。なんか、日本語で普通に会話できたら、僕の英語力より格段に上と勝手に思い込んでしまっている。それは、どうでもいいとして、そんな彼に聞かれた。「なぜに、フィリピン駐在の道を選んだのか?」と。

英語圏の国

そりゃ、できれば他の英語圏の国で働きたかったよ。彼が「なぜ、他の国で働こうとしなかったのか?」と聞いてきて、てっきり比較がアジア圏の他の国々だと思ったら、まさかのカナダとかオーストラリアとかアメリカって聞いてきたから驚いた。比較対象が僕の想像を超えて、ワールトワイドだった。

カナダとアメリ

まぁ、一応カナダとアメリカは検討したけど、条件に合わんかった。カナダに至っては日系の求人が無しに等しかったし、パソナカナダっていう人材会社に依頼しても、条件が「カナダでの永住権」とか言うから、もう無理ってなった。

アメリカはアメリカで駐在の条件がすごく厳しかった。僕みたいな駆け出しの海外勤務希望者にはハードルが高い条件ばかりだった。マネージャークラス経験者とか、通訳に自信がある人とか、海外勤務経験が長いとか、そんなんばっか。どう考えても僕の持っているスキルとは見合わなかった。

いつかは…

いつかは働きたいと思うよ。だって、テクノロジーは進んでるし、バスケ好きやし、カナダに至っては大好き人間やから。単一民族の国より、移民国家の方が人種のるつぼであり、カオスな感じがして面白ろそうっていうのもある。実際に住んでみてそうやったし。

まさかの役職

でも、今の会社を選んで良かったと今は思っている。だって、現地の役職がマネージャーだからである。マネージャーの前に「ジェネラル」を付けてよいのかはわからないがとりあえず、マネージャークラス。要は、管理職みたいなもの。前の会社ではペーペーの一般事務員だったのに、まさかの出世である。こんな感じで出世するとは思わなんだ。30歳でこういう役職って中々就けないんじゃないか。マネージャーとあって、仕事の重さとかはあるかもしれないが、こういう役職に就けたことはある種のチャンスだと思っている。ということで、僕の肩書きは「マネージャー」です。名刺にもそう書いてるし。