日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

Kawhi と Green の移籍

今年のNBAフリーエージェント

ラプラーズファンならまだしも、今年のフリーエージェントNBAファンだったら注目していた人が多かったんじゃないかな。多くの大物プレイヤーがフリーエージェント契約になったから。その中の一人にKawhi Leonard、去年のラプターズの初のチャンピオンシップの大役者であり、ファイナルMVPがいた。

f:id:A28_K:20190707192417j:plain

Kawhi Leonard

結果

Kawhiはクリッパーズに行ってしまった。Kawhiに関しては、ラプターズ残留という選択肢があったものの、可能性が低いとみられていたので、大して驚かなかった。でも、失ったことに関しては、ラプターズファンとしては悲しくなった。ちなみに、昨シーズンのファイナルMVPが翌シーズン別のチームに移籍するというのは1980年代以降、初らしい。引退したJordanを除いて。

あと、もう一人の選手の去就も気になってて、それがDanny Greenである。

f:id:A28_K:20190707192722j:plain

3 & Dのプレイヤーとしては現役屈指なのではないか。要は、かなりいいロールプレイヤー。そんな彼もレイカーズに行ってしまった。Kawhiが行っても、彼が残ってくれたら、ラプターズはまだイースタンカンファレンスで強豪であり続けられると思っていただけに残念である。

もし、ラプターズが強豪であり続けたいのであれば

確か、マルク・ガソルもフリーエージェントだったはずなので、彼を引き止めるのに尽力を尽くすべき。年齢のことを考えたら、及び腰になるかもしれないが、彼のDF力はまだまだ健在のはず。

もし、ラプターズがチャンピオンシップをもう一度取りたいのであれば

ガソルの契約も諦めて、1st round pickを取るべくタンクに走った方がいい。なぜなら、もう今年の大物プレイヤーはほとんど契約を決めてしまったから。来年以降のフリーエージェント市場を考慮しても、Kawhi級のプレイヤーをラプターズが獲得できるとは考え難い。だったら、デローザンの時みたく、ドラフトに賭けてもいいんじゃないかと思う。

レイカーズクリッパーズ

さて、ラプターズファンの戯言は置いといて。来シーズンの優勝候補はこの2チームで間違いないだろう。ネッツも同じく最高の補強をしたと言っても、全休が噂されるDurantなしではこの2チームに勝つことは難しいだろう。

で、僕の予想はクリッパーズである。なぜなら、昨シーズンのプレーオフの経験とヘッドコーチの差が大きいからだ。というか、ヘッドコーチもチャンピオンシップを経験したことがあるから、クリッパーズに関しては、百戦錬磨揃いである。だから、僕の予想はクリッパーズである。あと、1年で移籍したとは言え、Kawhiが居るから、義理で応援したいというのもある。

ともあれ、来シーズンはNBAの勢力図がガラッと変わっているはずである。今から、来シーズンのNBAが楽しみである。