日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ディープなフィリピンのフードコート

すいも甘いも知ろう

いいところのレストランがうまい。金を出して、うまいのが食べられる。当たり前。

ではなく、やっぱり地元の人たちが集まるような場所で食事なりなんなりしないと、その国を知った気になれないんですよね。

台湾に行った時も、割りかし市場というかローカルなマーケットを探索するのが好きだった。韓国に行った時は、そこで財布を盗られたのは一生の不覚である。

灯台もと暗し

実は家の近くのMarket Marketっていうモールにそういうローカルの人たちが集まるフードコートがあったらしく、フィリピン人の同僚に連れて行ってもらった。

僕が住んでいる場所はBGCっていう経済がすごく発展した場所なんだけど、案外そういうローカルな人で賑わうマーケットがあるのは意外だった。

ディープなフィリピンのローカルマーケット

行ってみると、そこは本当にディープだった。外国人(フィリピン人以外)が一切いなかった。中国人、韓国人を含めても、アジア系の人が僕だけだった。それくらいローカルな人たちしかいなかった。

f:id:A28_K:20190802222949j:plain

f:id:A28_K:20190802222957j:plain

脅威の1リットルのビール瓶とローストチキン

みなさん、アサヒとかキリンの大瓶のビールを飲んだことがあるでしょうか?あれって、確か600mlくらいだったと思う。しかし、世界は広いですね。まさか、1リットルのビール瓶というものが存在するとは思ってもみなかった。

f:id:A28_K:20190802223146j:plain

1ℓ瓶のRED HORSE

フィリピンのローカルのビールは通常冷えてないので、氷を入れて飲むのがローカルスタイル。ビールの水割りがうまいわけではないので、慣れない内は味に抵抗があるかもしれない。でも、暑さのおかげか、すぐに慣れて、外の熱気も相まって、ビールがどんどん進んでしまった。

f:id:A28_K:20190802223400j:plain

ローストチキン

この二品を頼んで、日本円で500円くらいである。流石は、ローカルマーケット。圧巻のコストパフォーマンスである。しかも、味はかなり美味しかった。

f:id:A28_K:20190802223839j:plain

飲み足りないから頼んだ1ℓのSan Miguel

ディープなマーケットの魅力

ローカルな感じが知れるというのが、まず一つ。あと、日本人とか外国人が皆無だから外国に来たことを実感できる。まぁ、街中歩いてても、ほとんど日本人いないから、十分実感はしているんですけどね。