日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

Hyper Court

Hyper Courtとは

僕の住んでいるBonifacio Global Cityというところで、有名なストリートコートである。調べてみると、ローカルのストリートの大会とかもここでしているみたい。参戦したす。参戦できなくても、ストリートの大会に参加しているようなイケてるローカルなボーラーとバスケがしたい。

受付

フィリピンのストリートコートに受付なんてものがあるなんて想定していなかった。しかも、由緒正しいコートだからか知らないが、ガードマンまでいるし。

そこで、受付をして、初めて来たのかとかNike.comのメンバーになっているのか色々確認された。どうやらNike.comでコートのスケジュールとか調べられるらしい。さっき言った大会とかで予約されている可能性があるからだ。

ちなみに、もちろん無料である。ストリートコートでお金を取るなんていう野暮なマネはされたなかった。

コートの感じ

f:id:A28_K:20190811201904j:plain

f:id:A28_K:20190811201901j:plain

f:id:A28_K:20190811201906j:plain

晴れているとこういうコートってすごく景色がいいですね。フォトジェニックというか。

で、もちろんのごとく日本人は僕のみ。なんか、日本人ボーラーで僕しかここでプレーをしていないことにどこか優越感を感じてしまったりする。ちなみに、中国人から中国人に間違われられました笑 和柄ショーツにI love Osakaを象徴したようなシャツを着ていたのに、どうして中国人と思ったのだろうか。心外である。

それは、さておきバスケは楽しかった。なんか、お互いダレて速攻のやり合いみたいになったのはいただけなかったけど、総じて面白かった。

ただ、プレイヤーのレベルがそこまで高くなかったのは残念だった。でも、色々なレベルのプレイヤーが混在しているのもストリートの良さだったりする。あと、プレーを見ていて、NBAが好きだというのがよくわかる。そういうヤツらとのプレーは楽しい。

たぶん、時間帯によってはガチでうまいヤツらがゴロゴロ現れる時間帯があるはず。そういう時間帯を狙って行ってみたい。

失敗と悲報

こんな炎天下の中でバスケをしたでしょう。と、なると、日焼けがすごいことに今気づく。痛いっていうほどではないけど、焼けていく感じはする。肌の色は確実にローカルに近づいていく。日焼け止め塗っとけばよかった。

あと、実は僕、日本からボールを持ち込んでいるんですけど、ストリート用に。そのボールでバスケしていると、使うなって言われて、brown ballオンリーって言われてしまった。何?そのローカルルール。でも、ここではありがたいことにボールを貸し出してくれるので、今度からはボールを持っていく必要がなさそうである。そして、TACHIKARA製のボールは残念ながら出禁となってしまいました泣

f:id:A28_K:20190811202939j:plain

出禁となったTACHIKARA製ボール