日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

Special Working Holiday

明日は祝日?

今日未明、突如、政府から明日は「Special Working Holiday」だという御通達が入った。何でも日本のある軍人が第二次世界大戦終了後の9月3日にフィリピンに投降したことを記念した日であるとのこと。だから、日本人としては少し複雑な心境がしてしまう日となってしまったのである。

突然、祝日になることもある

ありがたいのやら迷惑なのやらなのだが、フィリピンでは時々、突然、こういった祝日の発表がされたりする。そりゃ、休みになるのだから、嬉しいことこの上ないのはわかるが、人によっては、迷惑な話だったりする。実際、僕は明日、取引先に挨拶に行く予定を入れていたので、その予定を変更しないといけない可能性だってあったからだ。

こういう発表は少なくとも1週間以上前にしてもらいたいものである。

Special Working Holiday?

で、今回物議を醸し出したのが、この名目「Special Working Holiday」である。「Holiday」っていう言葉が付いているのを見て、誰しもが休みを意味すると思ってしまうものである。結論から言うと、実は、休みを意味するものではなかったのである。実際に、明日が突然、こういう名目の日になったからと言って、具体的にどうこうするかはわからないが、少なくとも、明日も通常出勤であることには変わりないのである。

ちなみに、休みの場合は、「Special non-Working Holiday」という形で「non」というワードが付くのである。

フェイクニュース紛い

僕は今回のこの政府からの発表をフェイクニュース紛いだと勝手に思っている。だって、実際に勘違いしている人が多かったから。外国人ならまだしも、フィリピン人まで休みを意味すると思ってしまう始末である。そんなの騙す意図があるにしろ、ないにしろ、フェイクニュースみたいなものである。こんな紛らわしい発表を政府がするから驚きである。「Holiday」というワードを使わないとかそういう配慮をして欲しかったものである。

いずれにしろ、明日、勘違いして出勤しないフィリピン人も多いのかなと思ったりする。それとも、こんなフェイクニュース紛いに屈せず出勤するものなのだろうか。ちょっと気になるところである。

今日のダイエット食

f:id:A28_K:20190902222258j:plain

朝食
※間食①はリンゴでした。

f:id:A28_K:20190902222213j:plain

昼食

f:id:A28_K:20190902222022j:plain

間食②

右の小豆を煮詰めたヤツがまさかの甘味ではないというフェイク

f:id:A28_K:20190902222027j:plain

コーヒーの違いがわかる男になりたい

f:id:A28_K:20190902222032j:plain

f:id:A28_K:20190902222039j:plain

晩飯

 

 

 

 

 

 

天?天和通りの快男児 18

天?天和通りの快男児 18