日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

DQウォーク in the Philippines

f:id:A28_K:20190916195042p:plain

皆さん、やってます、これ?日本では、かのポケモンGOを凌ぐのではないのかと言われているモンスターアプリ、DQウォークですね。位置情報ゲームとしては、それこそポケモンGO以来のビックタイトルなのではなかろうか。

フィリピンでは

事前の情報とか見聞きしていると、日本でしかできないような仕様になっているような感じだったが、実際は海外でもプレーできるのか。皆さん、気になるところだと思う。

f:id:A28_K:20190916195509p:plain

最初の敵は、「ベス」なスライムだった

「ゲスい」ほど強いということはなかった。

戦闘シーンを見ても、わかる通り一応プレーはできているのである。

見渡せば…

で、気になるマップはと言えば、こんな感じである。

f:id:A28_K:20190916195913p:plain

f:id:A28_K:20190916200334p:plain

無人の荒野である

目的地とかそういうことを言う以前に、全くもってランドマークらしきものがないのである。ポケモンGOでいうポケストップ的なものが一切ないのである。だから、モンスターも一切いないのである。どうやら、フィリピンのBGCにはもう既に平和がもたらされていたようである。平和がもたらされた大地で一体勇者は何をすべきと言うのだろうか。スラみちのアドバイスがもはや虚しくなってくる。

目的地がない?だったら…

f:id:A28_K:20190916195925p:plain

目的地がない?だったら、作ればいいじゃないか。幸いなことに目的地をどこでもいいからセッティングできるシステムが備わっているので、それのおかげでなんとかDQウォークを楽しめているのである。無理やり勇者が混沌をもたらしていくスタイル。自作自演の冒険活劇なのである。でも、面白い。

ただ、やっている人ならわかると思うが、目的地をどこでも置けるシステムって、1日1回だけしか使えないんですよね。だから、1日につき、1つしかクエストをこなすことができないのである。水前寺清子さんが歌いながら現れてくるレベルである。1日1クエスト、3日で3クエスト…。こんなペースで満足できるか‼︎

早く全世界向けに展開して欲しい。というか、フィリピンでプレーしているメリットを感じるようなシステムを実装して欲しい。

 

 

 

 

 

ダンベル何キロ持てる?(1) (裏少年サンデーコミックス)

ダンベル何キロ持てる?(1) (裏少年サンデーコミックス)