日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

突撃‼︎フィリピンのオフィス飯

オフィスの昼飯

僕のオフィスには食堂というものがないが、その代わり、毎日、アテと呼ばれる弁当屋さんが足を運んでくる。そこで、僕は昼飯を毎日買っている。

ちなみに、僕のオフィスの周りには、マクドもあれば、ダンキンドーナッツ(日本で言うミスド)だってあるし、金さえ払えば、いくらでも美味しいレストランはある。何なら、小籠包で有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)だってある。そう、金さえ払えば、なんなりと美味しいものが食べられるのである。金さえ払えば…。

案外、他のアジア人が弁当屋さんでご飯を買っていないところを見ると、そのあたりの店で外食していると思われる。むしろ、僕みたいなローカルな弁当屋を利用している外国人はかなりの少数派なのかもしれない。

ローカルに溶け込んでいくスタンス。そういう人って少ないのかも…。まぁ、フィリピンに来た理由が会社命令とかの大人の事情だったら、フィリピンの食習慣や生活が好きになれないのはわからなくはない。

僕が弁当屋を利用する理由

まず、値段が圧倒的に安い。そりゃ、ローカル向けに売っているわけだから、バカ高いモノを売っていたら、商売上がったりである。大体、僕の場合だと1食200円〜250円程度で済む。日本のオフィス飯の事情と比べたら、相場の半分くらいじゃなかろうか。

あと、安かろう、悪かろうではなく、普通に美味しい。確かに、野菜が少なくて、色が茶色いモノが多かったりするが、それでも、きちんと選べば、野菜だって摂取できる。というか、食わず嫌いせずに、興味本意で食べてみたらいいのにといつも食べながら思ってしまう。

もう一つあって、他のオフィスの従業員とコミュニケーションが取れる。というのも、弁当屋さん、英語があんまりできない人なんですよね。だから、僕が英語で質問してもうまく答えられないことがしばしば。そんな時は、周りの心優しいフィリピン人が助けてくれるのである。何だか、いいですよね、こういうのって。

今日のオフィス飯

f:id:A28_K:20191003214415j:plain

盛り付け方がカオス。まぁ、皿に溢れんばかりのご飯が格安で食べられると思ってもらえたら結構である。でも、料理の名前は全然頭に入ってこないんだよなぁ。一番奥にあるのが、アドボくらいしかわからない。そして、このアドボが文句なしで美味い。シシグと並ぶ僕の中のオススメフィリピン料理の一角を担う料理である。

f:id:A28_K:20191003214647j:plain

米を押し固めたものです。

f:id:A28_K:20191003215148p:plain

ニュアンス的にはこんな感じ。

他にもキャラが九州弁を喋っている漫画は結構あるが、この漫画の九州弁の感じが一番好き。だから、読んでまう。あと、この家族が単純に面白い。そして、読むたびに仲のいい夫婦だと思ってしまう。

話は戻るが、フィリピンのデザートは基本的に激甘と言われているが、米系のデザートはそうでもない気がする。

f:id:A28_K:20191003215518j:plainおかずをバラ売りで売っているので、おかずを余分に買って、晩御飯に回すスタイル。こうなってくると、自炊すらする必要がなくなってくる。

本当にフィリピン料理が口に合って良かった。

ちなみに、フィリピン料理だけでなく、アジア系の料理は基本的に好きだったりする。ベトナム料理で言えば、フォーも好きだし、海南チキンも好き。台湾料理肉飯(ルーローファン)やも豚の血を固めたような珍味も含めて、好きだし、タイ料理だって、タイカレーが好きだったりする。アジアの料理って、結構珍味が多いじゃないですか。だから、アジアの食習慣で問題がないんであれば、世界中どこに行っても馴染めるんじゃないかと思ったりする。