日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ティラピアとバナナQ

どうも、副業をさせて頂けるのであれば、やってみたいあつなりです。

なんというか、今のご時世色々稼ぎ口が欲しいわけですよ。稼ぎ口が多ければ、多いほど安定した人生が送れると思っている人間なので。

言ってしまえば、このブログもそうですよね。普通にアフィリエイトとかやっちゃってますし。

そんなこと書いたら、読者が離れていきそうやけど、逆にブログ書いてて、アフィリエイトやってないとかある?やってなかったら、儲ける機会を損失しているようにしか思えない。別に営利目的でやってないんだったらいいんやけど、どこかもったいない。

でも、ネットビジネスって怪しいニオイしかしないですよね。わかります、I know その気持ち。

 

ティラピア

ティラピアとは淡水魚である。言うなれば、フナと一緒の類である。でも、その味は中々に美味である。と、ネット界隈で書いてあったりする。だって、鯛みたいな味とか書かれたら、美味しいと思ってまうでしょ。

そんなティラピアだが僕は何度か実食済みである。

で、今日のお昼にたまたま食べた。

f:id:A28_K:20191016184028j:plain

右の丸々一匹こんがり揚がっているのがそれである。見た感じただ揚げただけの魚である。「魚を揚げたものです。」

f:id:A28_K:20191003215148p:plain

そして、揚げ済み。

本当に揚げただけだから、味がない。なので、付け合わせに醤油があるので、それを付けて食べる。そして、淡水魚独特の臭みが中々のものなので、それを消すべくカラマンシーをかける。

 

感想として、ただ揚げただけだと魚の生臭さが結構酷い。あと、骨が多くて非常に食べ辛い。子供には絶対に食べさせたくない料理である。骨のせいで、泣きわめくこと間違い無しである。

でも、味としては鯛っぽい味がする。特に、脂が乗ったやつだとかなり美味しい。

なので、濃厚で子供に優しいティラピアを食べたければ、ティラピアを煮て調理されたものをオススメしたい。

f:id:A28_K:20190825203758j:plain

こんな感じの。

バナナQ

今日、いつものお弁当屋さんがスナックも売っていたので、久しぶりに買ってみた。

f:id:A28_K:20191016184835j:plain

バナナQである。

これは、ティラピアみたく、ただバナナを揚げただけのものではない。何かがまぶしある。この何かがよくわからないが、色からしてシナモン?黒糖?

これをずっと前から食べたかったのである。フィリピンのスイーツを制覇するには避けては通れない道である。

f:id:A28_K:20191016185045j:plain

オシャレんティなカフェでコーヒーと一緒に食す。

味付けもさることながら、バナナがいい。バナナが完熟の甘いものではなく、酸味を微妙に残しているものを使っているので、酸味とまぶしてある何かとの味のマッチングがすごく良い。そして、程よい食感。硬くもなく柔らかくもない。おやつとしては、ちょうどいいスイーツである。ただ、食べ過ぎると確実に太りそう。

 

ちなみに、日本で売られている甘いバナナはフィリピンでは家畜のエサだというのは専らの噂である。