日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

歯列矯正における三つの選択

靴の加水分解に怯えるあつなりです。

僕、今で、靴10足以上持っているんですけど、何も加水分解に対して対策をしていないんですね。そうなると、5年後にはソールが醜く腐り、見るも無残な姿になっているということも有りうるのである。

恐ろしい。そんなことは、あってはならぬ。帰ったら、絶対に防水加工してなるべく長持ちさせるぞ。でないと、せっかくのレアモデルもパァーだから。

再び歯医者

f:id:A28_K:20190919214145j:plain

歯医者さんのイラスト(女性)

 

a28-k.hatenablog.com

 

 

a28-k.hatenablog.com

 

どうやら先日、別の場所で撮影したレントゲン写真やら歯型が完成して、歯医者に届いたらしいので、それを元にどういうプランを組むか提案を受けてきた。

歯の状態

「こんな酷い歯並び見たことないわ。まるで、ゴミね。私でも手の施しようがないわ。」

みたいなドSが恐ろしく滲み出たようなコメントはなく、終始穏やかな感じでニッコリ笑顔で説明してくれた。女医がみんなドSと思っているとしたら、AVの見過ぎだぞ。

歯の状態なんですけど、顔の横から見た断面図はかなりキレイらしい。さすがは、僕といったところか。だだし、前歯が出っ歯になっているのと、下の歯が上の歯と比べて、二本足りなくて、それですきっ歯になっているのが問題とのこと。大方予想通りである。

3つのプラン

この優しい女医さんは有難いことに3つのオプションを私めに用意してくださった。

まず、最初のプランは足りない下の歯にインプラントを入れるプラン。これが、一番最良とのこと。良好で素晴らしい顔の形を変えず、処置ができるからとのことである。ただ、一つ気になるのが、インプラントを1本しか入れないという点である。下の歯の噛み合わせが微妙におかしくなりそうなのが気がかりである。

2つめが上の歯を下の歯の数に合わせて、2本大胆に抜くプランである。こうすると、前歯の出っ歯が余計に出てしまう恐れがあるため、あまりオススメできないとのことだった。

3つめは歯の数を変えず、下の歯を隙間がなくなるようずらすプランである。これも、2つめと同じ理由で顔の形が変わる恐れがあるからオススメできないとのことだった。

とりあえず保留

値段が相場に比べて高い気がしたのと(日本円で35万程で、ネットとかで見ると、15万程度でできるとか。まぁ、地域差もあるんだろうとは思う。)、医者の力量に応じて、色々プランがあるんじゃないかと思ったからである。もしかしたら、インプラントを2本入れて、上と下の歯の数を揃えることによって、より一層見栄えのいい、歯並びにできるプランだってあるかもしれない。そう考えてしまうと、安易にここにしますとは言えなかった。

もう一軒、良さげな歯医者さんを知っているので、そこに行ってみようかと思う。もしかしたら値段が安い可能性もあるし。ちなみに、それを踏まえて、僕のレントゲン写真や歯型やらは預かってきた。

まだ、なんとも言えないけど、歯列矯正を考えている方は色々な病院でプランを聞いた方がいいのかもしれない。