日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

Air Jordan 12 reverse taxi color

「立替え」という言葉が思い浮かばず、日本語ですら危うくなりつつあるあつなりです。

かと言って、英語がペラペラなわけでは決してない。やっぱり文法構造が違ってくると、喋りにくいものなんですかね。未だに、会話がしどろもどろになりますもん。

単語とかはめちゃくちゃでいいから、ネイティブっぽい喋り方をしたいものである。

ちなみに、発音が良いのか、あまり「この人何言ってんのか全然わからない。」という対応をされたことはあまりない。

 

どっちにしろ、自分で思うように英語を喋れていないというのは事実である。

 

 

 

さて、今日の話は先に謝っときます。特に、日本のスニーカーフリークの方々に対して。

 

はい、自慢回です。

 

今日は何の靴を買ったかと言うと、タイトルにある通りである。

ジョーダン12である。ジョーダン12のデザイン自体好きなのだが、なんと言ってもこのカラーリング。

白、黒、差し色金。どストライクか。

 

ということで、文章で長々と述べても伝わらないので、写真で買ったという証拠をお見せしようかと思う。

f:id:A28_K:20191107215059j:imagef:id:A28_K:20191107215104j:imagef:id:A28_K:20191107215109j:imagef:id:A28_K:20191107215113j:imagef:id:A28_K:20191107215117j:imagef:id:A28_K:20191107215124j:image

写真で見ると改めて良いデザインだと思ってしまう。

ちなみに、日本では即売されたみたいですね。買えなかった人は、フィリピンに行けば買えますよ。

 

この靴はバッシュとして履くつもりだが、履くのは一体何年後になるだろうか。

少なくとも5年は履かない気がする。だったら、なおさら湿気対策しないとならない。

 

あと、買うべきジョーダンは13と14を残すのみ。もしかしたら、6は買い直すかもしれない。

と、言いつつも僕の中でスニーカーは画商の言うところの絵画みたいなものであって、今後もふとした瞬間に衝動買いしてしまいそうである。

 

もはや、そういう「病」である。