日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

1対1面談

パソコンは立ち上がったのだが、airdropで写真を共有できず、イラつき気味のあつなりです。

 

本当にこのパソコンは寿命だと思う。しかも、WiFiを一回切ってしまうと、再起動しない限り、オンにできないし。不便極まりない、特にこういうブログを書く際は。

 

従業員の不満

僕の職場は僕以外は全員フィリピン人である。日本人が僕しかいないから多少の疎外感は否めないがそれでもなんとかやっていけている。

それで、最近、従業員が会社に対して不満を持っているみたいな話を聞いたんですね。それで、面談を実施したわけです。もちろん、英語です。

 

英語力に自信がない

英語力って、海外に住んでいたら、簡単に身につくものと思っているあなた。甘すぎます。もう、フィリピンのプリンであるレチェフランよりも甘い気がしてならないです。

f:id:A28_K:20191108195453j:image

住んでいるだけで、英語が身についたら、本当に苦労はしないっす。だって、僕なんか、2年半以上住んでいて、未だに喋りがしどろもどろですもん。それで、今も勉強中の身である。

 

だから、セブ島とかで3週間英語留学して、英語耳ができましたみたいな話を聞くと、「釣り」にしか思えないし、反吐が出てきてしまう。2年半でもできないのに、3週間で英語ができるようになるなんて笑止千万である。笑いが止まりまへんわ。

 

2年半海外に住んでみて思うのですが、語学を身につけるって、結構地味で全うなことだと思う。

 

結果

正直、100%理解したとは言い難いが、大まかなところは理解できて、上司に報告はできそうである。これで、何を言ってるかワカリマセーンみたいなことになったら、いよいよ僕の日本への強制送還は見えてきそうである。まぁ、そうならないでしょう。文句があるとしたら、僕の質問した内容とかそんなあたりだろう。

 

感想を言えば、やってみてよかったと思う反面、まだまだ英語力が足りないと痛感してしまった。

 

これは、もうあれですね。語学学習という名目の下、クラブ通いするしかないですね。

※未だに、クラブに行ったことがない。だって、しんどいんだもん。

 

f:id:A28_K:20191108195425j:image

f:id:A28_K:20191108195433j:image

RACK'Sというアメリカンレストランにて。

量は多いが、肉がすごくパサついていて、なんとも言えない味だった。ソースとセットにしてようやく料理として成り立つ料理に思えた。

f:id:A28_K:20191108195520j:image

フィリピンをも進撃するヒゲ