日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

どこの国に住もうが、家は職場から近いに越したことはない

Google翻訳に仕事を奪われた疑惑のあつなりです。

 

なんか、現地のチームリーダー的な人が日本語の指示書をGoogle翻訳で翻訳して、現地のオペレーターに割り振っている疑惑。疑惑というか既にしている。

 

なんだろう、日本とフィリピンの架け橋はGoogle翻訳が担ってしまった結果になったのだろうか?そんなことはないと信じたい。

 

 

 

 

僕の家のことなんですけど、オフィスまで徒歩10分のところに住んでいるんですね。でも、値段はかなりお高め。だって、バスケコートやらプールが付いていたら高くなって当然という話である。

f:id:A28_K:20191118210105j:image
f:id:A28_K:20191118210059j:image

でも、結果的に良かったかなって。だって、フィリピンだと徒歩通勤で通えるなんて、稀で、大概は車で渋滞に巻き込まれながら、1時間以上かけて通勤するのが当たり前だから。

 

社用車がある人はまだマシである。ジプニーとかの地元の通勤手段を使っている人からしたら、もう地獄だと思う。モロに渋滞の影響を食らってしまう上に、犯罪の温床であるあの車内で何時間も居続けるなんて耐えられない。

今のクリスマスシーズンなんて、被害に遭わない方がおかしいと思う。それくらいまだまだフィリピンの治安は悪いのである。

 

最初はマカティあたりで安いところ探そうかと思っていたが、探さなくて正解だった。マカティに住んでいたら、いくら片道3kmとは言え、時間で言えば、通勤時間1時間はかかっていたはずだから。

会社が勝手に決めて、うーんと思っていたけど、結果としてはかなり感謝している。家賃が高いとは言え、僕の生活レベルだったら、難なく生活できてるし。

 

やっぱり、「時は金なり」ですよね。