日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ニュースが殺到して何を信じていいのかわからない世の中に祝福を

英語力に進歩が見られないあつなりです。

英語圏在住2年半…。未だにTOEICで800点を取れる自信もなければ、IELTSでアベレージ6.0を取れる自信もない。

 

語学ってやっぱり難しいわ。こんなに情報が溢れかえっている世の中でも、未だに効率の良い学習法を見いだせていない気がする。色々なマニュアル本は漫画化されたりとかで、わかりやすく説明されつつあるのに、英語とかの語学に関しては、この類の本を見た事がないのがその証明だと思う。

 

そう、言語学習は未だにブラックボックスなのだ。そんなブラックボックスに挑もうとしている全ての人に祝福を。そして、僕にも。

 

 

 

 

 

 

昨日の突如、フィリピンでVAPEも禁止するという話。やっぱり世界的にも結構話題になったらしい。ニューヨークタイムズに取り上げられるくらいだから、中々の注目度だったように思う。

 

ただ、この話、未だに良くわからないんですね。

まず、いつから禁止されるのかというのが、はっきりとわからない。ただ、大統領がテレビ番組か何かでその場の勢いで言ってしまったような話も聞いたことがあるし、どういう感じで話が進んでいっているのか良くわからないのが現状。

そして、具体的な内容。フィリピンのあらゆる場所で禁止するのか、それともタバコみたく喫煙所やプライベートな場所での喫煙を認めるのか。それもはっきりしていない。正直、健康被害に関して、副流煙も含めて、タバコの方が圧倒的なので、タバコと同じくらいの処置に留めておいて欲しいというのは愛好者としての一意見である。というか、願いか。

f:id:A28_K:20191122181550p:image

ちなみに、ネットでは普通に売られてました。だから、まだ禁止とまでは至っていないような模様。全面禁止となれば、まず、大手ネットショッピングのサイトであるLazadaで取り扱わないはずだから。

 

とにもかくにも、今後の動向から目が離せない話である。もはや、フィリピンは喫煙者にとっては日本以上に世知辛い国なのかもしれない。タバコは一箱250円程度で買えるのが、皮肉なのか嫌がらせなのか…。

 

f:id:A28_K:20191122181812j:image

フィリピンの食用バナナが黄色いことに気づいた件。そして、程よい酸味と甘みがあってうまかった。

黄色いバナナが食用バナナだとしたら、我々が日本で食べているバナナは家畜の餌説というのはガセではなさそうである。