日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

水がないのは死活問題である

グローバルな問題にも触れていきたいあつなりです。

冗談です。でも、冗談で済まされないような。

 

それは、さておき、最近、体が重くなっちゃったんですよね。このプロテインのおかげかもしれないが、とにかく1キロくらい増えた。

f:id:A28_K:20191123141227j:image

ただ、筋力がついたかどうかは微妙なところ。筋トレしてて、体重増えているんであれば、数値が伸びても良いはずなのに、伸び悩んでいる。

 

来年あたりから、トレーナーをつけて筋トレしようかな。独学に限界を感じつつある。

 

 

 

 

 

生活に欠かせないもの。それは、水。

日本だと、蛇口をひねれば水が飲めるがフィリピンだと言わずもがなそうはいかない。となると、水を買わないといけなくなる。カナダの時みたく、ろ過装置付きのポットなるものが売っていたら、まだ、よかったのだが、それすら店頭に置いていない様子。Xiaomi製のものがあったりもしたが、使い勝手が悪そうだから買わずじまい。

 

これからも、水を買うためにスーパーまで重いボトルを担がないといけないのか!?否、そんなわけがなく、救済処置はもちろんこの国にはある。

それが、水のデリバリーである。

 

水って、デリバリーするものなんですね。でも、日本でもちょっと良い水とかはデリバリーしてますよね。あんな感じで、デリバリーしてくれるんです。

 

前回、どっかの記事で紹介したかもですが、僕はsiegoという業者を使ってます。僕のコンドだと、wilkinsとの2択だったのだが、圧倒的に安いということでsiegoを選んだ。

 

先日、お試し感覚でボトルをガロンで2個程購入したのだが、運用面を考えるとどう考えても足りない。

あまり、頻繁にオーダーしたくないんですよね。なぜかというと、対応しているのが、平日と土曜日の午前中だけだから。平日は仕事でほぼほぼ全滅だから、オーダーできるチャンスが土曜日しかない。

土曜日と言えども、僕は暇ではない。筋トレしたり、バスケしたりで午前中に家にいないことが多かったりする。だから、水のオーダーのためにいちいち家に待機しておくのは面倒である。

だから、まとめて注文できるよう新たにボトルを4つ追加で購入した。

f:id:A28_K:20191123142251j:image

これだと、1ヶ月に1回、ボトル4つを補充するという形で済む。ちなみに、補充するのは50ペソだから、スーパーで水を買うのがバカらしくなるくらい安い。ボトルは500ペソで、ボトルを一旦買ってしまえば、補充ができるようになるから便利。

 

とにもかくにも、これで我が家の水環境は安定的に救われた。

やっぱりスポーツやっているとね、どうしても水の消費量が多くなるのよ。1日、間違いなく2リットル以上は飲んでいる。