日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ローカルフードに嗜めるかどうかは死活問題になりかねない

モンスターファームスマホ版アプリを予約注文したら、いつの間にかダウンロードされてて、驚きのあつなりです。

 

もう、めっちゃ楽しみにしてた。先日、DLが開始されたロマサガ3と同じくらい楽しみにしていたと言っても過言ではないゲーム。それが、モンスターファームなのである。

 

と言いつつも、実は未プレイなんですよね。2の方は散々やってきたけど、初代は未だにしたことがない。ただ、めっちゃおもろいという噂だけは聞いていた状態。

 

休みの日とかにガッツリやりたい気分。なんなら、ゲーム動画にして記録に残したいくらい。初見プレーって、色々面白そうだと思うので。

 

年末は実家でゲームばかりしてそうな未来が目に浮かんでくる。

 

 

 

 

 

今日も弁当屋の昼飯を食べてて思ったんですけど、やっぱりフィリピンは物価が安いですね。

f:id:A28_K:20191128205245j:image

おかず2品、ご飯、カップケーキ、米ケーキを頼んで、値段どれくらいだと思います?

日本円で300円くらいなんですね。めちゃくちゃ安いと思った。だから、思わず写真にパシャりしてしまった。

それくらい安く感じてしまった。

 

度々このブログや他のフィリピン在住者のブログでも触れられている通り、ローカルの食事をすれば、かなり物価の安さを感じるんですね。

だから、写真のようなローカルの食事をするだけで、必然的にお金の節約になってしまう。もしかしたら、自炊するのとあんまり値段が変わらないまであり得るかもしれない。

 

かたや、こういうモノばっかり食べていると、お金はすぐに飛んでいく。

f:id:A28_K:20191128205651j:image

これで、日本円で1100円くらいだから、物価の有難さを感じられない値段設計。それでも、ここのラーメン(RAMEN 凪)はコスパがいいかと思っているので、僕は好きなのだが、こういうモノを毎日食べていると、すぐに金欠になってしまう。

 

食って、人間の三大欲求の一つじゃないですか。だから、削ろうにも削れないんですよね。どうしてもお金がかかってしまうところである。そこをローカル食で賄うか高い日本食とかで賄うかで全然金銭的な余裕が違ってくる。

だから、フィリピンのような物価の安い国において、ローカルフードに親しめるかどうかって非常に大事。食が合わないと思うんであれば、駐在であれ、なんであれ、住むことは絶対におススメできない。もしくは、多少面倒であっても、自炊するかですね。

 

日本以外の物価の安い国で住もうと考えているのであれば、絶対にローカルフードが合うかどうか確認すべき。やっぱりお金に余裕があるのとないのとでは大違いですから。