日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

フィリピンのマクドナルド

腹の調子が妙に悪いあつなりです。

 

最近、腹痛とか特にないのに、下痢になるという「サイレント下痢」が起こったりしていたのだが、今回は腹痛の予兆があったので、ノーマル下痢。だが、今回の下痢は少しタチが悪い。変にけだるい感じがするんですよね。体が重いというか。

 

別の病気になってそうで怖い。なる心当たりは一切ないんやけど。

 

 

 

 

 

今日は、フィリピンのマクドナルドについて紹介します。

 

どこかでチラッと触れたかもですけど、フィリピンのマクドナルドではケンタッキーばりのチキンが売ってます。そして、ハンバーガーチェーンの概念を覆す白ご飯も提供されてます。

白ご飯が提供されているマクドナルドが他の国でもあれば、教えて欲しい。

それだけ、チキンと白米が国民食だということである。なんでも、ジョリービーというフィリピンの国民的チェーンがチキンを提供したのを真似たとか。

 

ちなみに、ハンバーガーチェーンというジャンルにおいて、マクドナルドがNo. 1を取れていない国の一つがフィリピンなのである。もしかしたら、唯一かもしれない。

恐るべし、ジョリービーである。

f:id:A28_K:20191129130313j:image

このどこかフィリピンっぽさがあるマスコットの前に天下のマクドナルドは敗北を喫したのである。

 

で、最近、このあたかもケンタッキーを彷彿させるようなマクドナルドでハンバーガーを注文してみた。

f:id:A28_K:20191129130454j:image

f:id:A28_K:20191129130502j:image

f:id:A28_K:20191129130530j:image

f:id:A28_K:20191129130537j:image

おわかり頂けただろうか。

なんと、ケチャップがデフォルトでないのである。もちろん、付け合わせであるっちゃあるのだが、周りの客を見ていると、どうもポテト用っぽいんですよね。だから、フィリピンのマクドナルドのハンバーガーにはケチャップがないのが当たり前と言って間違い無いだろう。

 

あと、ノーマルのハンバーガーに限ってはピクルスすらない。ピクルスのないハンバーガーを食べたのは産まれて初めてである。普通にうまいっちゃ、うまいんやけど違和感が拭いきれない。

 

もう一つツッコませてもらうと、今日、ビックマックセットのLarge サイズを頼んだのだが、妙にドリンクのカップが大きい気がする。値段にして、450円くらいだから安いのだが、ドリンク代にどれだけ持っていかれているのか疑わしくなってくる。

このドリンクなのだが、氷があまりにも劣化しているので、そのせいで、結構、不味い仕上がりになっている。

 

これからは、マックでハンバーガーを食べる際は、単品でチキンバーガーなるもの2つとノーマルハンバーガー2つを頼むことにしよう。これが、ハンバーガーを食べる上で一番コスパがいいはず。

今後、ハンバーガーのセットメニューは絶対に頼まない。これで、腹が一杯になるはずがない。ビックサイズのスプライトで腹を満たせ!ってか⁈

 

そういえば、日本でマック食べる時も、セットではなく単品で頼んでたわ。

なんで、セットで頼んだんだろう。