日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

季節外れの台風

日本人にとって季節外れの台風に襲われて、自宅待機中のあつなりです。

12月にもなって、台風って…。日本じゃ、考えられへん。台風なんて、クリスマスムードと無縁のはずのものだと思っていたが、こっちの国では違うようだ。

 

でも、日本が台風シーズンだった9月〜10月頃、こっちではあまり台風の被害がなかったんですよね。あまりニュースにもならなかったし、進路から外れることが多かったみたいである。

 

今回の台風だって、たまたま直撃という結果になっただけだと思う。日本みたく、しょっちゅう台風が直撃するということはなさそうだし、8月頃から住んでみて、それはないと思った。

 

で、自宅待機中何をしていたかというと、ちょっと重たい会社のパソコンを持ち帰って、仕事を少しして、あとは、くつろいでいた。

 

台風の状況にしても、今のところは警戒していた程の被害は首都圏にはなく、風と雨が多少強いくらいだった。

f:id:A28_K:20191203195727j:plain

でも、地域によっては川が氾濫していたりしているらしいので、油断は許されないところである。

うちの従業員は色々なところから出社しているので、被害が出ているところもあったり、そうでないところもあったりと、千差万別だった。かと言って、住んでいる地域ごとに出社するしないと区別してしまうと、従業員から文句を言われそうなので、一律全員自宅待機という判断を下した。

「下した」ということは、僕の判断です。

 

店が台風の影響でほとんど閉まるとかいう話を聞いたので、天気がマシだった昼間に外食しに行った。

f:id:A28_K:20191203200121j:plain

普通に営業してた。

f:id:A28_K:20191203200240j:plain

「lami」というフィリピンで言ううどんに目がいってしまったので、チョイス。

うどんと表現しているが、実際はマレーシアの郷土料理である「laksa」の方が近いのかもしれない。麺が全く同じ感じのものが使われているあたり。

f:id:A28_K:20191203200506j:plain

先日紹介したシシグ屋のシシグとセットで食す。

今回はベーコンのシシグをチョイスしたのだが、普通のチキンとかポークのシシグよりもボリューミーだった。そして、美味しかった。

lamiの方は味としては美味しかったけど、ちょっと味付けが濃かった感じがした。もうちょっと、薄味で作ってもらえたら、ちょうどよかったかもしれない。でも、フィリピンの料理は基本的に味付けが濃いめなので、案外平均値的な味付けだったのかもしれない。

扇風機にしろそうだが、何でもかんでも強くする、もしくは、濃くすればいいというものではないということを文化レベルで学んで欲しいところである。でないと、国民の健康問題はいつまで経っても解決しないと思う。

 

台風の話に戻るんですけど、台風で自宅待機したのは、社会人になってからは今日が初めてである。前の職場は経営層がフェミニストが多かったせいか、女性社員は自宅待機、野郎は可能であれば出社するという対処をしていたので、自宅から近かった僕は、電車が止まっていても、バイクで職場まで駆けつけたりしたこともあった。

懐かしい思い出である。